Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会を描くためのビジョンとして「空間×ヘルスケア 2030」を提案している(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

同プロジェクトでは、2030年に実現を目指す「空間」をイメージして、イラストで分かりやすく表現した未来の旗印(Visionary Flag)を示していく。第1弾として、住宅・オフィス・薬局の未来像を描いた「Beyond Home(未来の住宅)」「Beyond Office(未来のオフィス)」、そして「Beyond Pharmacy(未来の薬局)」という3つの旗を掲げた。

このうちBeyond Office(未来のオフィス)について、「Beyond Workplace(未来のワークプレイス)」と改め、より時代に即した内容へとブラッシュアップして提案していくことにする。本記事では、その背景とBeyond Workplaceの概要についてお伝えしていく(本イラストや記事内容に対する議論、お問い合わせはこちらにお寄せください)。

Beyond Healthが提唱する「Beyond Workplace(未来のワークプレイス)」の全体像(イラストレーション:©kucci,2020)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を契機に、オフィスの在り方が問われている。緊急事態宣言の発令や外出自粛の呼びかけを受けて、この一年で多くの企業がオフィス以外の場所から仕事を行うテレワークを推奨し始めた。

 職場に出勤して勤務するというこれまでの常識が通用しなくなり、COVID-19をきっかけの一つとして、新しい働き方へのシフトチェンジを余儀なくされた。その結果、自宅などからリモートで働ける体制が整い出すと同時に、「そもそもオフィスは必要なのか?」という議論が行われるようになった。

 当初掲げていたBeyond Officeを「Beyond Workplace(未来のワークプレイス)」と改めるのはこのためだ。企業が提供する“働く場所”である狭義のオフィスではなく、働く人が自ら選択できる“仕事をする空間”であるワークプレイスの未来像を考える必要があると考えている。

 ただし、COVID-19の感染状況に応じて柔軟な対応が求められる今の環境下では、Beyond Workplaceの未来像を描くに十分な要素が揃ったとは言い切れない。さらに、多様な働き方を可能にするためには、会社や働く人に応じて、それぞれが最適なさまざまなワークプレイスの形があるべきだと考えている。そこで、一つの最適解としてのBeyond Workplaceを追求するのではなく、個別に最適化されたBeyond Workplaceを実現するための骨組みを提案していきたい。