Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。その注目テーマの一つが、未来のワークプレース「Beyond Workplace」だ。

テレワークの普及でオフィスから解放されたワーカーが、まちなかでワークスペースを求めている。そんなニーズを取りこむために始められた、まち全体をオフィスにすることを目指すワークプレースのマッチング支援サービス、「NINJA SPACE」が話題を呼んでいる。サービスを提供するのは、三菱地所と三菱地所プロパティマネジメント。2021年2月から、東京・丸の内エリアを中心にサービスの提供に乗り出した。日本を代表するオフィス街で始まったこのサービスは、どんなものか。NINJA SPACE誕生の背景と今後のビジネス展開について、プロジェクトを手掛ける三菱地所新事業創造部の那須井俊之氏に聞いた。

三菱地所新事業創造部の那須井俊之氏(写真:川田 雅宏)
三菱地所新事業創造部の那須井俊之氏(写真:川田 雅宏)
[画像のクリックで別ページへ]

 出先でひと仕事終え、移動前に打ち合わせしたり、残務処理やメールチェックしたりする場合、どうするか。目に付いたカフェを利用するか、見当たらない場合にはGoogle マップで、「カフェ」を検索したりする。

 滞在時間や仕事内容によっては、電源やWi-Fi環境は必須。使い慣れた大手カフェチェーンやファストフードであれば、それらの有無の見当はつくが、そうでない店舗ではそこまで望めない。どこに行けばいいのか──。

 ワークスペースのマッチング支援サービスは、そんなとき役に立つ。三菱地所と三菱地所プロパティマネジメントが共同開発した「NINJA SPACE」は、飲食店やコワーキングスペースといった提携施設の空きスペースと利用者の希望スペースのマッチングを支援するものだ(図1)。

図1●「NINJA SPACE」は「空きスペースを活用したい」というニーズと「テレワークの場所が欲しい」というニーズをマッチングする(資料提供:三菱地所)
図1●「NINJA SPACE」は「空きスペースを活用したい」というニーズと「テレワークの場所が欲しい」というニーズをマッチングする(資料提供:三菱地所)
[画像のクリックで別ページへ]

 利用者にとっては、近くのワークスペースを手軽に見付けられる。しかも、その日の気分や仕事の内容に合わせてストレスなく働ける環境を自ら選ぶことも可能。時代に見合った働き方を支えるインフラサービスとも言える。

 前提にあるのは、Web会議は定着するもののリアルな対面はなくならないという見立てだ。那須井氏は「短時間の打ち合わせや遠方での打ち合わせはWeb会議に置き換わっていく一方で、オープンイノベーションの取り組みや新ビジネスの創出に向けたブレーンストーミングには対面が欠かせない」と見る。

 「NINJA SPACE」を利用するには、まず専用アプリケーション上でプロフィールやクレジットカード情報を登録しておく。まちなかで「人数」「利用時間」「オープン席または個室」を設定すると、500m・1000m圏に立地する提携施設を「絞り込み・検索」できる。条件に合う施設があれば、「マッチング・決済」する、という手順だ(図2)。

図2●「NINJA SPACE」の利用者側専用アプリ画面。対応OSは現在、iOSのみ。2021年初夏頃には、Android OS対応のアプリもリリース予定(資料提供:三菱地所)
図2●「NINJA SPACE」の利用者側専用アプリ画面。対応OSは現在、iOSのみ。2021年初夏頃には、Android OS対応のアプリもリリース予定(資料提供:三菱地所)
[画像のクリックで別ページへ]