日経BP 総合研究所(以下、日経BP総研)とBeyond Healthでは、「健康で幸福な人生100年時代」を実現するためのビジョンとして、「空間×ヘルスケア 2030」を提案している。さらに、それを具現化するために、「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。その注目テーマの一つが、未来のワークプレイスだ。

2021年3月8日には、「未来の働き方、働く空間を考える~2030年の働く場所はこう変わる!『Beyond Workplace』」と題したセミナーを開催し、各界のキーパーソンの方々とともに未来のワークプレイスに必要な新しい価値を議論した。組織や社員間の「つながり」の希薄化など、リアルでのコミュニケーション不足からくる弊害を懸念する声も聞こえてきた。

 セミナーでは、働き方改革に最前線で取り組む5人のビジネスパーソンとパネルディスカッションを実施した。登壇いただいたパネリストは以下の方々だ(社名アルファベット順)。

・デビット・ベネット 氏
(レノボ・ジャパン 代表取締役社長 兼 NECパーソナルコンピュータ代表取締役執行役員社長)
・牛島祐之 氏
(NECネッツエスアイ 代表取締役執行役員社長)
・松岡利昌 氏
(日本オフィス学会 会長)
・林 貴子 氏
(新生銀行 常務執行役員・人事担当)
・岸本雅樹 氏
(ヤフー コーポレートグループ ピープル・デベロップメント統括本部 ビジネスパートナーPD本部 PD3部長)

 このほか、日経BP総研から以下の二人が参加した。

・高橋博樹(戦略企画部長)
・徳永太郎(社会インフラ ラボ所長:モデレーター)

 以下、パネルディスカッションの内容を紹介する。(パネリストの敬称略)