Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。
そのテーマの一つが、未来の薬局「Beyond Pharmacy」だ。

今回取り上げるのは、薬局内にできた日本版「ユースクリニック」について。ユースクリニックとは、身近な地域で若者が自身の心や体、性の悩みなどを無料で気軽に相談できる場所を指す。スウェーデンをはじめとする北欧諸国や英国などでの取り組みが進んでいる。

日本でも昨今、産科・婦人科の医療機関などで一部ユースクリニック機能を持つ事例が出始めているが、薬局に同機能がある例は極めて珍しい。どんないきさつがあったのか。そしてそこでは具体的にどういう活動をしているのか。これまでの歩みをレポートする。

「若者たちのための街の保健室 ユースクリニック」の主要メンバー。後列左/NPO法人ラサーナ理事長の福田小百合さん、後列右/クスリのマルエ執行役員調剤事業本部本部長・薬剤師の鈴木暁子さん、前列左/クスリのマルエ経営企画部地域連携室室長の長谷川美鈴さん(写真提供:クスリのマルエ)
「若者たちのための街の保健室 ユースクリニック」の主要メンバー。後列左/NPO法人ラサーナ理事長の福田小百合さん、後列右/クスリのマルエ執行役員調剤事業本部本部長・薬剤師の鈴木暁子さん、前列左/クスリのマルエ経営企画部地域連携室室長の長谷川美鈴さん(写真提供:クスリのマルエ)
[画像のクリックで別ページへ]

 スウェーデンでは若者のためのユースクリニックが国内に250カ所余り開設され、13~25歳の若者なら誰でも無料で利用できる。

 助産師、看護師、臨床心理士、産婦人科医が常駐し、若者が直面する心と体、性の問題(人間関係の悩み、体や性に関する不安や悩み、セックスに関する疑問、性感染症や避妊・緊急避妊の相談、飲酒・喫煙・デートDVの問題など)に幅広く対応している。

 そしてスウェーデンの若者のじつに9割が、このユースクリニックを利用したことがあり、とても身近で頼れる存在となっているという。