Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会を描くためのビジョンとして「空間×ヘルスケア 2030」を提案している(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

木に囲まれた空間は心身に好影響を与える──。2021年3月17日に開催された「内装木質化等の効果実証事業」の成果報告会では、そんな実態がデータとともに示された。オフィスや商業施設などの内装を木質化することの効果を科学的に検証した結果だ。ほかにも、幾つかメリットがあることが浮かび上がった。報告会の様子を2回にわたってリポートする。

 「内装木質化等の効果実証事業」は、林野庁の補助事業「内装木質化等促進のための環境整備に向けた取組支援事業」のひとつとして実施したものだ。木材利用促進のため、民間の非住宅建築における内装木質化ニーズの掘り起こしを狙いとしている。

 オフィスや商業施設などの内装を木質化することでどのような効果が得られるのかを、この事業では実際のプロジェクトで科学的に検証している。明らかにしようと試みたのは次の4つのテーマだ。

(1)生産性・経済面への効果の実証
(2)心理面・身体面への効果の実証
(3)屋内環境に及ぼす効果の実証
(4)新たな内装木質部材の効果の実証

 2020年の夏に取り組み事業者を募集し、13件の提案を採択した。今回の報告会は新型コロナウィルス感染症拡大への対応として、30人を定員とする木材会館での開催と同時に、ウェビナー方式でのライブ映像配信を実施した。

報告会のライブ配信の様子。新型コロナウィルス対策として、会場の定員は少数にとどめた。主催者、来賓の挨拶の後、13の事業者が順に登壇して成果を発表した。一部の事業者は感染予防の観点からオンラインでの参加となった

 ここでは報告会に登壇した13事業者の発表の中から、特に心理面・身体面への効果に注目して、複数の事例をピックアップした。木に囲まれた環境が心身にどのような影響を与えるのか。その実証を試みた意欲的なプロジェクトを紹介する。