Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。そのテーマとして掲げる、未来の住宅「Beyond Home」や未来のワークプレイス「Beyond Workplace」にも関連する空間の木質化による影響について、「内装木質化等の効果実証事業」の成果報告会(2021年3月17日開催)で示された研究結果を、前編に続き紹介する。

 林野庁の補助事業「内装木質化等の効果実証事業」は、オフィスや商業施設などの内装を木質化することが、身体・心理的な面にどのような影響を与え、経済的にどのような効果があるかなどを実証しようとするものだ。木材利用促進のため、民間の非住宅建築における内装木質化ニーズの掘り起こしを目的としている。

 同事業の成果報告会は2021年3月17日に行われ、13の事業者が順に成果を発表。今回は発表された事例の中から、オフィスなどの労働環境を木質化した事例をピックアップして紹介する。

木に囲まれることでストレスが軽減

 最初に取り上げるのは、一場木工所(広島県三次市)と広島大学大学院人間社会科学研究科による共同事例。一場木工所の関係会社のオフィスビルの一室や、建設現場のプレハブ式現場事務所の内装を木質化して、その効果を検証した。オフィスビルでの検証では、就労中のストレス抑制効果について実証している。

一場木工所と広島大学大学院人間社会科学研究科が実施した内装木質化の様子。左の写真は木質化後の関係会社のオフィスビルの一室。右の写真はプレハブ式現場事務所を仮設の木質パネルで木質化した様子(出所:日本住宅・木材技術センター「内装木質化等の効果実証事業 成果報告会」資料、特記以外は以下同)

 ストレス抑制効果に関する具体的な試験方法は以下の通り。木質化前は16人、木質化後は14人の各被験者に、オフィス内で15分間のクレペリンテストを実施した。クレペリンテストとは、単純な計算式を連続して解く心理テストの一種のこと。

 テスト前とテスト終了直後、さらにテスト終了から15分後の計3回、被験者から唾液を採取してコルチゾール濃度を測定した。結果をまとめたものが図1のグラフだ。ストレスホルモンの一種であるコルチゾールの濃度が高いほど、被験者はストレスを感じていることになる。

図1●被験者の唾液中コルチゾールを測定し、その平均値を木質化前後で比較したグラフ。図中の「pre」はテスト前、「test」はテスト終了直後、「post」はテスト終了から15分後を示す。木質化後の検査では、テスト終了後からコルチゾール濃度が有意に低下していた

 被験者の唾液中のコルチゾールの平均値は、木質化前後で差が現われており、木質化後のオフィス空間ではテスト終了直後から、コルチゾール濃度が低下した。

 一場木工所代表取締役の一場(寺河)未帆氏は、この結果について「内装木質化にストレス抑制効果があると示唆された」と説明する。一方で、「試験を行った日程には、大雪に見舞われた日が含まれるなど、必ずしも一定の条件下での試験とはならなかった」と話し、さらなる追跡調査の必要性についても言及した。