薬局は薬をもらう場所ではなく自分の体調管理をする場所になる

今後、薬剤師をどう評価するかという軸も変わってくるのではないでしょうか。

 その通りです。これまでは早く調剤できたり、調剤ミスが少なかったり、クレーム対応が上手だったりといった部分にフォーカスされてきたきらいもあります。でもそれは、薬剤師の肝の部分ではありませんよね。

 薬学部では薬理学、薬物動態学、製剤学などの専門分野を習います。これらはすべて薬が体の中に入ってからどのように作用するかを学ぶものであり、薬剤師はその基本をしっかりと身に着けている。それなのにこれまでの薬剤師は、薬が体に入る前までしか患者と向き合ってきませんでした。それではもうだめなんです。

 ですから私は弊社(「ハザマ薬局」)の社員に「FAF(フォロー・アセスメント・フィードバック)」の姿勢が大事だと教育しています。これを薬剤師の仕事として捉え直すと、循環するサイクルの仕事になる。オーダーが立って納品して終わりではなく、患者の声を医師にフィードバックして課題が改善されるようになれば、みんなが幸せになります。薬剤師と医師の関係で言えば、タスクのシェア。これまで“患者を良くする”というタスクは医師にすべてを任せていました。そこに薬剤師の知見を採り入れることが重要になってきたのです。

 だからこそ、改正薬機法で患者のフォローを義務付けたことには非常に意味がある。医療のPDCAに薬学を組み込んでタスクをシェアすれば、医療そのものが変わります。これにより、医師は医師にしかできない仕事に専念できるようになります。

 もっと視界を広げて、医師も薬剤師も看護師も管理栄養士も、医療の謎を解くのが仕事だとあらためて自覚すべきです。患者が立てない、歩けない、食べない理由は何なのか。医師に聞けばすべてを病気に結びつけてしまいますが、もしかしたら食べない理由はほかにあるのかもしれない。

 原因がわからないので病院で胃薬を出そうと思ったら、管理栄養士が「あの患者さんはお粥が嫌なんです」と指摘し、普通のご飯にしたら食べたなんて笑い話もある。有名漫画のセリフにあるように、「真実はいつもひとつ」です。その真実を医学で解いたり、薬学で解いたりするのが今後の医療のあり方だと考えています。

狭間先生はご自身が薬局経営者でもありますが、これからの「薬局の役割」についてはどう考えていますか。

 我々のような中小薬局は、薬を渡すまでの正確性、スピードなどのクオリティを競っていたら超大手とは勝負になりません。しかし、対人業務を通じて患者の体調管理に薬剤師が関わるとなれば、薬剤師の個性が重要になってきます。要するに個人同士の勝負なので、十分に活路が見いだせるわけです。

 患者と密に結びつくために、バイタルサインデータの活用に注目しています。血圧の薬を飲んだ後に抑制効果が出ているかどうか、抗生物質を処方した後に体温が低くなったかどうか。バイタルサインデータの変化は、薬と直結する部分です。こちらから聞きに行くのではなく、ウエアラブルデバイスなどを使って自動でバイタルサインデータを入手できれば、医師の前にまず薬剤師に相談できるようになります。

(写真:Beyond Health)
(写真:Beyond Health)
[画像のクリックで別ページへ]

 こうして患者は、薬剤師との共有体験を深めていくようになる。いずれ薬局は、薬をもらう場所ではなく、自分の体調管理をする、体調の回復を体験する場所になってくるはずです。それらを薬剤師がコーディネートするとなれば、食事やフィットネスジムといった周辺サービスが入ってきたりして、自ずと健康ステーションのような形になるのではないでしょうか。

(タイトル部のImage:jozefmicic -stock.adobe.com)