室温低下は睡眠障害を助長

 断熱改修実施前後での被験者の血圧の変化量について調査グループは、前回の報告会で「断熱改修後に、被験者の起床時の最高血圧が有意に低下する」とする知見を示したが、今回は年齢や性別、喫煙・飲酒習慣、高血圧症による通院など各被験者の「属性」まで踏み込んで分析。「循環器疾患リスクが高い被験者ほど、断熱改修による恩恵を受けやすい可能性がある」と結論付けた。

断熱改修による朝の最高血圧の変化量を属性別に分析した。喫煙者や飲酒者、高血圧患者など、循環器疾患のリスクが高い人に比較的大きな改善効果が見られ、断熱改修による恩恵を受けやすいと考えられる(資料:日本サステナブル建築協会「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会」の資料を基に一部加筆)
断熱改修による朝の最高血圧の変化量を属性別に分析した。喫煙者や飲酒者、高血圧患者など、循環器疾患のリスクが高い人に比較的大きな改善効果が見られ、断熱改修による恩恵を受けやすいと考えられる(資料:日本サステナブル建築協会「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会」の資料を基に一部加筆)
[画像のクリックで別ページへ]

 理由は以下のような結果が得られたからだ。改修後に朝の最高血圧が下がった被験者1656人に対して、循環器疾患リスクに関わる属性(「喫煙習慣」「飲酒習慣」「高血圧症による通院」)ごとに血圧変化量を調べると、リスクが高い人の方が血圧低下が顕著。「喫煙習慣」は非喫煙者の血圧変化量-2.3mmHgに対して喫煙者は-4.6mmHgと2倍。「高血圧による通院」は、非高血圧患者が-2.2mHgで、高血圧患者は-7.7mmHgと3倍以上だった──。

 断熱改修による室温の変化は、住まい手の行動・習慣や感覚にも影響を与える。調査結果で示されたのは、不眠症など睡眠障害との相関だ。

 就床前に過ごす居間の室温が改修後に2.5℃以上上昇した被験者(=室温上昇群)と、改修したが暖房を使わなくなったことなどにより、同じく2.5℃以上低下した被験者(=室温低下群)で、睡眠障害の発症率や改善率を比べている。

断熱改修後の居間室温の変化と睡眠障害の改善・発症状況の関連性を調査した。就床前の室温が2.5℃以上低下した環境下のグループと同2.5℃以上上昇した環境下のグループを比較したところ、前者の方が、もともと持っていた睡眠障害の症状改善を阻害したり、障害がなかった人が発症したりする可能性が高いことが分かった(資料:日本サステナブル建築協会「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会」の資料を基に一部加筆)
断熱改修後の居間室温の変化と睡眠障害の改善・発症状況の関連性を調査した。就床前の室温が2.5℃以上低下した環境下のグループと同2.5℃以上上昇した環境下のグループを比較したところ、前者の方が、もともと持っていた睡眠障害の症状改善を阻害したり、障害がなかった人が発症したりする可能性が高いことが分かった(資料:日本サステナブル建築協会「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会」の資料を基に一部加筆)
[画像のクリックで別ページへ]

 室温低下群で睡眠障害がある被験者が改善した割合は、室温上昇群の3分の2にとどまった。一方、睡眠障害がなかった被験者が新たに発症する割合は、室温低下群の方が室温上昇群より1.41倍高かった。つまり、「室温低下は睡眠障害の改善を阻害したり、発症を助長したりする恐れがある」ということになる。

 調査では、断熱改修前後の室温変化に伴う住まい手の入浴習慣の変化についても検証している。

 具体的には「居間と脱衣所それぞれの室温がいずれも18℃以上の住宅に住む被験者(=温暖群)」「居間が18℃以上で脱衣所は18℃未満の住宅の被験者(中間群)」「居間と脱衣所、いずれも18℃未満の被験者(寒冷群)」で比較。次のような知見が得られた。

 入浴時に適切と感じる風呂の湯温について、中間群では「熱め」(42℃以上)と回答した被験者が温暖群の1.47倍。寒冷群は同じく1.66倍。「居間も脱衣所も暖かい」環境の被験者に対して、「脱衣所は居間より寒い」環境や「居間も脱衣所も寒い」環境の被験者は「熱め」を適切と感じる傾向があり、ヒートショックなどのリスクが高いといえる。

 この検証では、断熱改修前後の室温変化でもクロス分析。室温上昇群では、改修後に「熱め」を選ぶ割合が減少することも確認できた。

改修工事後に居間と脱衣所の室温が上昇した環境下のグループでは、入浴時の風呂の湯温が「熱め」と回答した割合が減少した(資料:日本サステナブル建築協会「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会」の資料を基に一部加筆)
改修工事後に居間と脱衣所の室温が上昇した環境下のグループでは、入浴時の風呂の湯温が「熱め」と回答した割合が減少した(資料:日本サステナブル建築協会「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会」の資料を基に一部加筆)
[画像のクリックで別ページへ]