Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するための新プロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を立ち上げた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

このたびの新型コロナウイルスの感染拡大は、住宅やオフィス、商業施設、交通機関など、街のあらゆる空間に影響を及ぼし、人の生活やビジネスの形を大きく変えようとしている。今回は、新型コロナにより訪日外国人観光客や出張者が急減し、甚大な影響を受けたホテル業界の中で、「衛生」「安全」といった見えないサービスを可視化することで復活を図ろうとする、コアグローバルマネジメント代表取締役の中野正純氏と、同社が運営するクインテッサホテル東京銀座の総支配人の小林淳一氏に話を聞いた。

クインテッサホテル東京銀座のシェルターホテル専用フロントはアクリル板・ビニールカーテンなどで遮蔽され、サーモカメラで利用者や出入り客の体温をチェック (写真:川島 彩水、以下同)

 ついこの間まで、多くの観光客でごった返していた東京・銀座。東銀座駅から徒歩2分、歌舞伎座の後方に2019年12月に開業した「クインテッサホテル東京銀座」では、この6月、専門家監修によるウイルス排除対策を施した「シェルターホテル」をオープンした。

 クインテッサホテル東京銀座は、ベッドや机などの設備、寝具・リネンサプライなどにデザイン性の高いものを採用。ビジネスホテルでありつつも、より高いクラスのホテルのような雰囲気を実現しているのが特徴だ。シェルターホテルもこうしたホテルの雰囲気はそのままにして、新型コロナウイルス感染を予防するための除菌や特殊な清掃を行うほか、入室までの動線を一般の宿泊客と分けるなどの対応により、安心感を高めた客室としている。

 独自ブランドのクインテッサホテルを展開しているコアグローバルマネジメントの中野氏は、「需要が昨年と比べて大きく減り、ホテルが減っていない中で、新しいアプローチをしようという命題があった。そこで安心や安全を打ち出せないかと、外部の企業や専門家と商品化することに至った」と、シェルターホテル開設の経緯を説明する。