Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

健康意識の高い顧客が多く訪れるドラッグストア。そこで流通し、人気を集めるオーガニックコスメの火付け役ともいえるのが、ナチュラル&オーガニックコスメメーカーの「カラーズ」だ。2012年に「マツモトキヨシ」のPB(プライベートブランド)「アルジェラン」を立ち上げ、2016年に自社ブランド「ザ パブリック オーガニック」をスタート。国産植物原料にこだわった製品クオリティの高さと、優れたコストパフォーマンス、そしてSDGsへの積極的な取り組みは、ドラッグストアコスメに革命を起こしている。その原動力と描く未来について、同社代表取締役の橋本宗樹氏に聞いた。

「国産植物原料のドラッグストアコスメ」にこだわる理由

カラーズ代表取締役の橋本宗樹氏(写真:齋藤暁経、以下同)
カラーズ代表取締役の橋本宗樹氏(写真:齋藤暁経、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

ドラッグストアで販売されているコスメといえば「プチプラ(低価格)」のイメージがありますが、国産植物原料にこだわった理由は何でしょうか?

 実は私はジャーナリスト志望だったこともあり、日本の地方の現状に危機感を持ったのがきっかけです。東京・神奈川・千葉・埼玉の合計面積は国土全体のわずか3.5%程度なのに、全人口の約30%が集中してしまっています。このまま地方からの人口流出が続くと、2040年には地方自治体の50%近くが消滅する可能性があるという報告もあります。そうなると福祉や医療、公共サービスを受けるのが難しくなり、さらに人が離れていく。そんな悪循環はすでに始まっていると思うのです。

 私たちが出会ってきた植物原料の生産者さんは、まさにこの問題に直面してきました。しかし彼らは強い信念を持ち、試行錯誤を繰り返して健康な森林や土地を育てることで、地元を盛り上げ、地球にも体にもいいものを作り続けようとしています。例えば、私たちがお世話になっている熊本県の鶴田有機農園の鶴田さんは、約50年前に作物のミカンの味が落ちていることを感じ、京都大学の先生のアドバイスで有機農法に転換したそうなのですが、当時、化学肥料や除草剤を使わない農業は周囲から異端視され、子どもが村の旅行に連れて行ってもらえなかったり、村八分のような状態になったといいます。そんな苦境を10年も経て、現在では有機農法を推進したとして国から叙勲を受けるまでになっているのです。

 こうした苦労の末に生まれた、柚子やヒノキなど日本ならではの植物精油は、品質の良さが海外の化粧品市場でも知られています。でも残念ながら今までの日本では、これら優れた原料のマーケットは一部の専門店や美容意識の高い人たちに限られ、流通量も少なかった。その結果、高価格になり、市場が拡大せず事業としての成立が難しかったのです。価格を下げるためには生産量を上げる必要があり、マスマーケットで展開することでこそ、経済的な循環が広がる。その壁を突破するのが、私たちの役割だと考えました。