Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会を描くためのビジョンとして「空間×ヘルスケア 2030」を提案していく。このほど、それを実現するための新プロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」をスタートさせた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

人が生活を営むうえで基本となる空間である「住宅」。住宅行政・建築行政を担う国土交通省(住宅局)の視点から見た、住宅や建築におけるヘルスケアとはいかなるものなのか。同省 住宅局 住宅生産課長の武井佐代里氏に聞いた。(聞き手は小谷 卓也=Beyond Health)

国交省の武井氏(写真:寺田 拓真)

まず、国土交通省が考える“住宅とヘルスケア”とは何でしょうか。

 住宅とヘルスケアの関係を考える際、これからは高齢者の健康が軸となると思います。大都市の高齢者人口が増加する傾向にあることに加え、単身あるいは夫婦ともに高齢者の世帯が増えていくためです。また、同居家族がいれば、食生活や体調の変化、薬の服用などについてフォローできますが、今後はこうした家族によるサポートが容易に得られない時代になってきます。

 そこで生まれたのが2011年から登録が始まったサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ付き住宅)の制度です。安否確認や、ちょっとした生活支援は今まで家族が担ってきましたが、昨今では離れて暮らす家族が増えたこともあり、それも難しくなってきました。そこで、サ付き住宅では安否確認と生活相談を必須のサービスとして提供し、介護サービスや医療サービスが必要な場合には、自身のニーズに応じて利用者が選んでいきます。

 言わばサービスとして家族機能を得る仕組みですが、単にサービスを受けながら生活するだけではなく、生きがい、やりがいを持って生活することが健康につながっていくという考え方もあります。こうした考え方に基づいてサ付き住宅を展開している事業者も存在します。

 例えばシルバーウッドが千葉西部や東京東部を中心に展開している「銀木犀」には駄菓子屋さんが併設されています。入居者が駄菓子屋の店番を担当し、その地域の子どもたちが集まってくるのが日常風景となっています。さらに、食堂が一般の方に開放されており、子連れのお母さんや地域の方々が訪れるなどして、入居者と自然な交流を図る場となっているのです。ここで大事なのは、社会の役に立っていると思えること、そして地域の方との交流を通じて地域社会の中で生活していると感じられることです(関連記事:介護のサービス内容は「働いてもらうこと」)。