Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会を描くためのビジョンとして「空間×ヘルスケア 2030」を提案。同プロジェクトの1つとして、「Beyond Mobility(未来のモビリティ)」について、Visionary Flagを掲げている。今回紹介する「分身ロボットカフェ」は、Beyond Mobilityで重要な論点として挙げている「移動の自由」について、新たな1つの方向性を示す取り組みとして注目すべきものだ。

分身ロボットとは、入院などの理由で外出困難な人、海外在住や子育て、介護などの理由で行きたいところにいけない人がネットを介して遠隔操作するロボットのこと。6月22日、東京・日本橋にオリィ研究所とカンカクがオープンした「分身ロボットカフェDAWN ver.β」では、離れた場所から分身ロボットを遠隔操作することで、難病や重度障害で外出困難な人がカフェのスタッフとして就労している。新しい“移動”の概念といえるだろう。

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」の店内。それぞれの座席の分身ロボット「OriHime」がメニューなどを説明、大きなサイズのOriHime-Dがコーヒーなどの飲料を運ぶ(写真:日経BP 総合研究所)

 分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)の開発・提供を手掛けるオリィ研究所(東京都中央区)は6月22日、「分身ロボットカフェDAWN ver.β(ドーン バージョンベータ)」常設実験店を東京都中央区日本橋にオープンした。完全キャッシュレスカフェ「TAILORED CAFE」などを運営するカンカク(東京都港区)との共同運営となる。オリィ研究所では、2018年から期間限定で分身ロボットカフェの実証実験を4回行ってきたが、今回が初めての常設店舗となる。

 分身ロボットカフェDAWN ver.βでは、ALSなどの難病や重度障害で外出困難な人々などが、客席に置かれた小型のOriHimeを遠隔操作して席に座った来店客からオーダーを取ったり、全長約120cmのOriHime-Dを遠隔操作して飲み物を配膳するなどして、カフェのサービススタッフとして働く。また、OriHimeのパイロット(OriHimeを遠隔操作する人をパイロットと呼ぶ)が遠隔操作でコーヒーをつくるロボット「NEXTAGE」を操作して、来店客の目の前で「フレンチプレス方式」でコーヒーを提供する「テレバリスタ OriHime×NEXTAGE」の実証実験も行う。「NEXTAGE」はカワダロボティクス(東京都台東区)が開発・販売している協働ロボットである。