Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会を描くためのビジョンとして「空間×ヘルスケア 2030」を提案していく。このほど、それを実現するための新プロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」をスタートさせた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

同プロジェクトでは、2030年に実現を目指す「空間」をイメージして、イラストで分かりやすく表現した未来の旗印(Visionary Flag)を示していく。第1弾として、住宅・オフィス・薬局の未来像を描いた「 Beyond Home(未来の住宅)」「Beyond Office(未来のオフィス)」、そして「Beyond Pharmacy(未来の薬局)」という3つの旗を掲げた。

このうち今回の記事では、「Beyond Pharmacy(未来の薬局)」に焦点を当て、どのような未来像をイラストに投影したのかを説明していく。ただし、このイラストはまだ完成形ではなく、たたき台の段階だ。これを原案とし、皆さんと議論しながら新たな知見を加え、2030年に向けて新たな「空間×ヘルスケア」を創造していく考えだ(本イラストや記事内容に対する議論、お問い合わせはこちらにお寄せください)。

Beyond Healthが、2030年に実現しているべき「薬局」空間をイメージしてイラスト化したBeyond Pharmacy(未来の薬局)。今回の記事では、ここに盛り込んだ内容について解説していく(イラストレーション:©kucci,2020)

 医師が処方した薬を患者に渡す場所──。そんな“従来の薬局・薬剤師”のイメージは今後、ガラリと変わっていく。

 Beyond Pharmacyの役割は、端的に言うと「未病の改善を推し進める社会の“ハブ”」である。病気と診断される前の未病状態の人を適切にケアする、特定の疾患を患っていない人の健康を守る…。こうした生活者との接点が大きく増えていく。

 この機能を担う場所が、なぜ薬局なのか。薬局は全国に約5万9000店舗あり、コンビニエンスストアよりも多い。まさに生活に密着した場所といえる。さらに重要なのが、17万人以上いる薬剤師の存在。医学的知識を背景にしながら生活者の健康もサポートできる立場にある。薬局・薬剤師の在り方にさらなる幅を持たせれば、2030年のヘルスケアの姿は大きく変わるだろうと考えた。

 変化の一端は、少しずつ見え始めてきた。例えば、2020年9月に施行予定の「改正薬機法」では、服薬期間中の患者に対する薬剤師のフォローアップが義務化される。このインパクトについて、薬局経営者で医師の狭間研至氏は次のように語る。「最大のポイントは、これからの薬局、薬剤師の定義が変わること。これまでは医師から処方箋という情報が入り、患者に薬として渡すことが主な機能だった。改正薬機法では、その機能が少し広がることになる」(関連記事:薬局は“薬をもらう場所”ではなくなる)。

 実際、改正薬機法を見据えた薬剤師の新たな役割を支援するツールも出てきた。電子薬歴・服薬指導システム「Musubi」を展開するカケハシが2020年7月に発表したのは、薬局での調剤時以外にも患者と薬剤師が直接つながり、薬局外での患者フォローを支援するアプリである(関連記事:患者と薬剤師を結ぶ、カケハシが新サービス「Pocket Musubi」)。

 こうした中、Beyond Pharmacyに描いた未来の薬局・薬剤師の姿はどんなものなのか。具体的に見ていこう。