Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。その注目テーマの一つが、未来のワークプレイス「Beyond Workplace」だ。

新型コロナウイルスの感染拡大を引き金に、リモートワーク・在宅勤務への取り組みが一気に加速した。働き方改革が叫ばれながらも越えることができなかった一線を、新型コロナという外圧を受け、多くの企業が踏み越えることになった。その一方でコロナ禍が長期化し、分かってきたことがある。リモートワーク・在宅勤務といった柔軟な働き方の課題や、健康面への影響だ。これらも踏まえ、今後の働き方と働く場をどう捉えるのがよいか──。オカムラ働き方コンサルティング事業部ワークデザイン研究所で働き方の研究にあたる森田舞氏と池田晃一氏に聞いた。

オカムラ働き方コンサルティング事業部ワークデザイン研究所リサーチセンターの森田舞所長(右)と池田晃一氏(写真:川田 雅宏、以下同)
オカムラ働き方コンサルティング事業部ワークデザイン研究所リサーチセンターの森田舞所長(右)と池田晃一氏(写真:川田 雅宏、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 新型コロナウイルスの感染拡大が働き方の変革を迫るようになってから、1年半近くが経つ。働き方の1つとしてリモートワーク・在宅勤務が位置付けられ、Web会議も電話やメールと並ぶコミュニケーション手段の1つとして定着してきた。

 一方で、社員全員が毎日出社する場ではなくなったオフィスは、その再定義が求められた。「コミュニケーションの場」「経験と感情を共有する場」など、オフィスという1つの場所にわざわざ集まる意義を、各社各様で再確認する動きが広まった。

 リモートワーク・在宅勤務を経験する一方で、毎日出社していたオフィスから距離を置くようになり、分かってきたことがある。中でも注目したいのは、リモートワークが、健康面にもたらす影響だ。

 オカムラでは2021年2月、大都市圏の従業員100人以上の企業に勤める正社員でリモートワークを経験した3000人を対象に、インターネット経由の調査を実施した。テーマは、「長期化する新型コロナウイルス対策下の働き方」である。

 調査結果の中で目を引くのが、「リモートで働くことが長期化することによる健康面への影響」という設問に対する答えだ。「身体的健康」では回答者の3割弱が、「精神的健康」では回答者の3割強が、「悪い影響を受けている」と答えている(図1)。

 年代別に見ると、若年・中堅世代よりベテラン世代での悪影響が目立つ。とりわけ目を引くのは、50代だ。「身体的健康」では回答者の3割以上が、「精神的健康」では回答者の4割近くが、「悪い影響を与えている」と答えている(図2、図3)。

 なぜ、そうなるのか──。池田氏は調査結果をこう見る。「20代は組織に加わって間もないだけに、ケアが必要という認識の下、対策が図られている。しかし50代は、それがない。弱音を吐けないうえ、部下の様子が把握しにくくなる一方で上司からは相変わらず成果を求められる。見えないプレッシャーがかかりやすい立場なのではないか」。

図1●リモートで働くことが長期化することによる健康面への影響
図1●リモートで働くことが長期化することによる健康面への影響
「身体的健康」では3割弱、「精神的健康」では3割強が、「悪い影響を受けている」と答えている(出所)オカムラ働き方コンサルティング事業部ワークデザイン研究所「長期化する新型コロナ対策下での働き方・働く場 データ集」、以下同
[画像のクリックで別ページへ]
図2●年代別にみた身体的健康への影響
図2●年代別にみた身体的健康への影響
若年・中堅世代よりベテラン世代での悪影響が目立つ。50代の3割以上が、「(リモートワークの長期化は身体的健康に)悪い影響を与えている」と答えている
[画像のクリックで別ページへ]
図3●年代別にみた精神的健康への影響
図3●年代別にみた精神的健康への影響
50代の4割近くが、「(リモートワークの長期化は精神的健康に)悪い影響を与えている」と答えている
[画像のクリックで別ページへ]