Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。2030年に向けて、人間が生活を営む街のあらゆる空間を予防や健康増進に資するものにしていくというコンセプトだ。

2020年6月、人口減少と少子高齢化が進む和歌山県海南市に新しい図書館「海南nobinos(ノビノス)」が誕生した。さまざまな仕掛けで市外からも多くの子どもたちが集まる同施設は、いまや市民の誇りとなりつつある。

そして2025年4月、海南市に今度は新しい公園ができるという。図書館と公園。実は、この二つを通して海南市は壮大な未来図を描いている。

前編では、図書館事業にスポットを当て、ノビノス誕生の背景やコンセプト、実際の建物内の一部を紹介した。後編は引き続きノビノス内部の様子をお届けするとともに、これから始まる公園事業を通じて、海南市が描く未来図を追う。

海南市が取り組む図書館と公園事業のキーパーソン、宇尾崇俊氏(写真:石田 高志、以下同)

 JR海南駅から徒歩10分弱の場所に誕生した、図書館がメインの市民交流施設「海南nobinos(ノビノス)」。前編では触れなかったが、このネーミングには、「のんびりする」「のびのびできる巣」という意味が込められている。

 4階は、さまざまな色にあふれた2階や3階とはうってかわり、茶系統のシックな色合いで統一された落ち着いた雰囲気の空間が広がっていた。ノビノスの施設整備を担当した宇尾崇俊氏(海南市まちづくり部都市整備課課長補佐)によると、「このフロアは主に学生や大人をターゲットにしていて、本に集中できるようにした」という。本が並ぶメインライブラリー、吹き抜けに挟まれた学習席、閲覧ラウンジの大きく三つで構成されている。

 メインライブラリーには、小説や実用書だけではなく、漫画やライトノベルなどもそろう。図書館を敬遠しがちな人たちにとっての親しみやすさを考慮してのことだ。

 また、「これを見てほしい」と宇尾氏が連れて行った先には何やら高額そうな本が。「色・デザインの本」コーナーに置かれていた『アジアカラートレンドブック』。アジアを起点としたデザイントレンドブックで、その年のアジアのクリエーターの作品や取材記事、また実際に触れることのできる素材が添付されている。販売価格は30万円。そんな高額本が自由に閲覧できるようになっているのだ。

「色・デザインの本」コーナーに置かれたデザインブック

 「この書籍が公共図書館で所蔵されるのは初めて」と宇尾氏。そこには強い信念があった。「こうやって置いておくことで、もしかしたら子どもたちが触って壊してしまうこともあるかもしれない。けれど、だから子どもは触るな、限られた大人だけに特別に閲覧を許可するなんてことをやっていたら、子どもはその存在を知らず、興味を持たないまま終わってしまう。自由に閲覧できた方が子どもにとって将来的にはプラスですから」

 宇尾氏は大学時代、プロダクトデザインを学んでいた。自身の経験上、子どものころから感性が育まれる環境に置かれることの大切さをよく知っている。

シックな色合いのメインライブラリー
漫画コーナーは隙間をあけて配置し、おしゃれな陳列にこだわった。ブックエンドは市販品を宇尾氏が一つひとつセレクト