Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会を描くためのビジョンとして「空間×ヘルスケア 2030」を提案していく。このほど、それを実現するための新プロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」をスタートさせた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

同プロジェクトでは、2030年に実現を目指す「空間」をイメージして、イラストで分かりやすく表現した未来の旗印(Visionary Flag)を示していく。第1弾として、住宅・オフィス・薬局の未来像を描いた「 Beyond Home(未来の住宅)」「Beyond Office(未来のオフィス)」、そして「Beyond Pharmacy(未来の薬局)」という3つの旗を掲げた。

このうち今回の記事では、「Beyond Office(未来のオフィス)」に焦点を当て、どのような未来像をイラストに投影したのかを説明していく。ただし、このイラストはまだ完成形ではなく、たたき台の段階だ。これを原案とし、皆さんと議論しながら新たな知見を加え、2030年に向けて新たな「空間×ヘルスケア」を創造していく考えだ(本イラストや記事内容に対する議論、お問い合わせはこちらにお寄せください)。

Beyond Healthが、2030年に実現しているべき「オフィス」空間をイメージしてイラスト化したBeyond Office(未来のオフィス)。今回の記事では、ここに盛り込んだ内容について解説していく(イラストレーション:©kucci,2020)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、オフィスの存在価値が問われ始めている。外出自粛を余儀なくされ、多くの企業がオフィスに通勤せずに在宅勤務を推奨するようになったからだ。仕事に必要な“道具”さえあれば、オフィスでなくても働けることが実体験によって証明され、多くの企業がこれからのオフィスの在り方に頭を悩ませている。

 Beyond Healthでは、そうした実態も踏まえた上で、やはりオフィスは必要な存在だと考えている。理由は二つある。第一に、従業員の健康を戦略的に支援する健康経営のため。第二に、イノベーションを創発するためである。

 健康経営は引き続き企業の重要課題だ。オフィスは、従業員の健康管理や健康増進をしていく上でのハブとなるだろう。一方、イノベーションの創発には、コミュニケーションの活性化が不可欠である。偶発的な出会いやひらめきを助勢するために、対面で集まることができるオフィスは欠かせない。

 従業員の健康と幸福を創り出し、企業の一体感を高めてイノベーションにつなげる──。そのために、オフィスという“空間”を設ける。それが、Beyond Officeのコンセプトだ。その中身を具体的に見ていこう。