Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。 2030年に向けて、人間が生活を営む街のあらゆる空間を予防や健康増進に資するものにしていくというコンセプトだ。

岩手県矢巾町が目指すのは、住民が日々生活していく中で健康でいられるまちづくり。現在、国のスーパーシティ構想に名乗りを上げている。一体、どんな中身なのか。実際の取り組み内容を追った。

 現在、内閣府が主導して「スーパーシティ構想」が進められている。スーパーシティとは、データ連携や最新テクノロジーを駆使しながら「住民が参画し、住民目線で、2030年頃に実現される未来社会」を構築するもので、全国から31の地方公共団体がプランを提出済みだ。最終的に選ばれるのは5団体程度と狭き門だが、採択時には大胆な規制改革が認められ、国家戦略特区として優遇される(詳細はこちら)。

 この構想に岩手県矢巾町(やはばちょう)が名乗りを上げた。県都・盛岡市の南に隣接する人口約2万7000人の町で、岩手医科大学と同大学附属病院を有するメディカルシティでもある。その特性を活かし、メイヨークリニックを擁する米国ロチェスター市のようなまちづくりを推進していることは前回記事で紹介した。

 スーパーシティ構想の提案は、これらのまちづくりを発展させた内容となった。矢巾町が掲げたテーマは「人生100年時代を健幸に暮らすフューチャー・デザインタウン」。フィジカル、メンタル、ソーシャルと3つの観点からウェルビーイング(心身ともに幸福な状態)を実現し、100歳まで元気で長生きする持続可能な社会を目指す。あえて健康を健幸と置き換えているのには、こうした狙いがある。

 実現に向け、矢巾町では解決すべき3つの課題を設定した。1つ目が「健康(幸)寿命の延伸と医療扶助費の抑制」、2つ目が「ダイバーシティに対応した多層型コミュニティとセーフティネットの再構築」、3つ目が「中心市街地と周辺農村部の格差解消」である。プランの策定にあたった矢巾町企画財政課未来戦略室課長兼室長の吉岡律司氏は全体像をこう説明する。

 「フィジカルのみならず、メンタルとソーシャルも重視している点が特徴。運動することも重要だが、人とのつながり、他者に求められる要素がないと人は健康で長生きすることができないからだ。今後、人口減少が加速する中で、地方ではなおさら人との関係性が薄れていく。幸せに暮らすためには、つながって認め合う幸せは不可欠になってくる」

岩手県矢巾町 企画財政課長 兼 未来戦略室長の吉岡律司氏(写真:佐藤 到、以下同)