Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を立ち上げた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

今回取り上げるのは、「健築」をキャッチフレーズに、オフィスや店舗の設計、街づくりで健康を促す仕掛けを千葉大学と共同で研究し、社会実装を進める大手ゼネコンの竹中工務店。目指すは、働いたり買い物をする中で「知らぬ間に健康になる」空間だ。その実現に向け動く同社技術研究所未来空間部健康空間グループ長の石川敦雄氏、医療福祉・教育本部 部長の小林純氏に話を聞いた。

写真1●イオンモール宮崎の中庭 歩幅をチェックできる「ステップウオーキング」というデザインが床面にあしらわれている。(写真:竹中工務店、写真2~5も)

 竹中工務店が設計したイオンモール宮崎(宮崎市)は、一風変わった仕掛けが散りばめられたショッピングモール。快適に買い物ができるように設計され、訪れた人の健康をチェックできるような仕組みが取り入れられている。

 例えば、モールの中庭には、健康の指標である歩幅をチェックできる「ステップウオーキング」というデザインが床面にあしらわれている。年齢別、身長別に歩幅をチェックできるように列で分かれており、そこを歩いて自分の歩幅と比べることで、年齢にふさわしい歩幅であるかを試すことができる。

 石川氏は、「健康の衰えは歩幅に表れる。日常的にはなかなかチェックする機会はない。体重計のようにモールに来ると気軽にチェックしてもらえる。自分の健康の衰えに気づくことができて健康増進につながる。環境の整備によってたくさんの人々に働きかけられる」と話す。

写真2●歩幅ウオーキングの案内板 測った歩幅が年齢、身長にふさわしい歩幅かどうか確認できる。

 このほか、屋内の階段を使うと、そこで記憶力を試す文言が壁面に書かれ、自然と屋内階段を使おうと動機付けする「クライムウオーキング」という仕掛けも。さらに、歩く姿を測定するシステムが店舗内にあり、そこで歩行姿勢を調べるとそこから判定された年齢を知ることができる「バランスウオーキング」という仕掛けも設置されている。