Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を掲げ、具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を立ち上げた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。

今年6月、三井不動産は病院と連携した宿泊施設の計画を発表した。国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の敷地内に、国内外からのがん患者やその家族、研究者などを受け入れる施設を建設しようというものだ。2022年の開業を目指す。

同社ではこれを「空間の再定義」と位置付け、今後は同様のモデルを日本全国へ展開する可能性があるとしている。同社 柏の葉街づくり推進部 事業グループ長の谷津邦成氏と同 事業グループの川島一記氏に話を聞いた。

(聞き手は小谷 卓也=Beyond Health)

まずは今回の取り組みの背景について教えてください。

谷津 以前、三井不動産では柏の葉キャンパス駅周辺にゴルフ場を所有していました。つくばエクスプレス(TX)の開業に伴いゴルフ場の閉鎖が決定したのですが、その跡地を中心として新たな街づくりに貢献していく方針を固めました。それが、柏の葉で三井不動産が開発を進めるきっかけとなっています。

柏の葉キャンパス駅周辺の様子(出所:三井不動産)

 柏の葉キャンパス駅は都心から25km圏内、秋葉原駅からTXで約30分の好立地にあります。従来型のデベロッパー開発であればベッドタウンがターゲットでしたが、柏の葉のユニークな点は住宅中心ではなく、複合的な要素を含めての開発だということです。

 もともとこのエリアには東京大学柏キャンパス、千葉大学柏の葉キャンパス、国立がん研究センター東病院(以下、がんセンター東病院)といった貴重なアカデミア、医療施設が存在していました。これらのアセットと連携しながら開発に携わってきた歴史があります。

 とは言え、最初からがんセンター東病院と連携が取れたわけではありません。さまざまな情報交換を行い、徐々に関係を構築してきました。その交流の中で弊社が目指す柏の葉でのまちづくりの将来性をお話したところ、がんセンター東病院とのビジョンが一致して共同の取り組みに至ったのです。