Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を掲げ、具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を立ち上げた(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。その一つが、未来の住宅「Beyond Home」だ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、従来は家の外で行っていた、身体を使って遊ぶ空間を自宅に求める人も増えているという。もとより子どもがのびのび遊べる場所、時間、仲間が減る中、子どもたちの体力や運動能力は与えられた環境によって二極化する傾向が指摘されている。

住まいによって、子どもたちの体力や運動能力は変わり得るのか。ミサワホーム総合研究所フューチャーデザインセンター市場企画室室長代理の八木邦果氏に、住まいの可能性を聞いた。

ミサワホーム総合研究所フューチャーデザインセンター市場企画室室長代理の八木邦果氏(写真提供:ミサワホーム総合研究所)

コロナ禍にあって、住まいに求められる機能は変わっているのでしょうか。

 在宅勤務を経験した全国の既婚男女824人(20~69歳、世帯年収400万円以上)を対象に今年6月にWEBアンケート調査を行ったところ、興味深い結果が出ています。意識の変化の部分では「場所にとらわれない働き方が良いと思うようになった」が76.5%、「住む地域として、人口が密集した都心部よりも自然豊かな郊外が良いと思う」が64.6%という結果になりました。現在、市街地に住んでいる方も約6割が「自然豊かな郊外が良い」と回答していますので、今後住まい選びの基準が変わる可能性があります。

 今後の住まいに求める要素については、在宅勤務のための空間として「4畳半程度の個室」「2畳程度の最小限の個室」が欲しいと回答している人が多く、それぞれ62.4%、50.4%に上りました。居住スペースが限られている現代の住まいにおいても在宅勤務のために個室を確保したいと考えている方が多かったのは、私たちも意外でした。

ミサワホーム総合研究所が今年6月に行った「新型コロナウイルス影響下における住まいの意識調査」より(出所:ミサワホーム総合研究所)

自宅で運動する空間が欲しいというニーズは増えているのでしょうか。

 今回の調査では項目として挙げていませんが、そういったニーズはあると思います。調査でも今後の住まいに取り入れたい気分転換できる場所として、「バルコニー・屋上などの外部スペース」が70.6%、「庭スペース」が68.8%となり、外部空間を充実させたいというニーズが高いことがわかりました。当社では以前から外部空間の提案は行っていましたがお客さまの優先順位は低かったため、コロナ禍でニーズが高まっていることをあらためて実感しています。

 私自身、設計職としてお客さまと打ち合わせをしていた時に、「雲梯を天井に備えつけてほしい」という要望をうかがったことがあります。非常に活発な男の子2人がいるご家族でした。直接担当していませんが、ボルダリングウオールを付けたいという方はここ数年で増え、専用の業者も増えているという話も聞いています。