Beyond Healthは、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする」社会の実現に向けたビジョン「空間×ヘルスケア 2030」を提案し、それを具現化するためのプロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を進めている(関連記事:目指すは「空間×ヘルスケア」の社会実装)。その注目テーマの一つが、未来のワークプレイス「Beyond Workplace」だ。

新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、オフィスのあり方に変化が現れてきている。働く人の健康が強く意識され、オフィスの「健康認証制度」に対する注目も高まってきた。その代表格といえるのが、日本の「CASBEE-ウェルネスオフィス」と米国の「WELL」だ。先進的な企業による取り組み事例が増えてきた一方で、それらの違いや効果についてはあまり知られていない面も多い。CASBEE-ウェルネスオフィスの開発に携わった千葉大学大学院工学研究院創成工学専攻建築学コース准教授の林立也氏に話を聞いた。

まずは「ウェルネスオフィス」について教えてください。

 WHO(世界保健機関)が定義している「健康」というのは、肉体的な病気と対になる、従来の意味での「健康=ヘルス」からさらに踏み込んで、肉体的な健康のみならず「精神的」「社会的」な視点からの健康観をも含んだ言葉とされています。「ウェルネス」とはWHOが定義する「健康」を基盤とし、さらなる付加価値の向上を目指すものです。

 このウェルネスに対する関心の高まりと、社会的要求が労働環境にも及んだ結果、職場環境におけるウェルネスのサポート、すなわち「ウェルネスオフィス」が求められるようになりました。

 オフィスにおけるウェルネスには「知的生産性向上」も含まれるべき健康観のひとつであると、CASBEE(キャスビー)-ウェルネスオフィスの開発に関わった私たちは考えています。

千葉大学大学院工学研究院創成工学専攻建築学コースの林立也准教授。CASBEE-ウェルネスオフィスの設計と開発に携わった(写真:村田 皓)
千葉大学大学院工学研究院創成工学専攻建築学コースの林立也准教授。CASBEE-ウェルネスオフィスの設計と開発に携わった(写真:村田 皓)
[画像のクリックで別ページへ]

CASBEE-ウェルネスオフィスとは何か?

 CASBEE(建築環境総合性能評価システム)は、建物を環境性能の面から評価・格付けする手法の一つで、2001年に国土交通省の支援のもと開発されました。

 ただ、今の時代、建物には環境性能だけが求められているわけではありません。CASBEEの研究開発を担う一般社団法人日本サステナブル建築協会(JSBC)の内部でも、「環境性能以外を評価する仕組みが必要だ」という議論が起こり、CASBEEの研究開発委員会の村上周三委員長のもと、対応策を考えました。

 その最初の取り組みが、「知的生産性向上のために、職場のウェルネスを評価する仕組み」、いわゆる「ウェルネスオフィス」を認証する制度の開発です。これは、先行していた米国の「WELL(ウェル)」などを参考に、同様の仕組みを日本国内向けにつくるというもの。実際に開発を進め、2019年に公開したのが「CASBEE-ウェルネスオフィス」(以降、CASBEE-WO)です。

米国のWELLについてもう少し詳しく教えてください。

 WELLは米国発祥の認証制度で、「人間の健康」を主な評価軸として建物を評価します。ここで評価する人間の健康とは、WHOの定義する「肉体的」「精神的」「社会的」にすべてが満たされた健康状態のことです。

 2014年に最初のバージョンが発表されました。国際認証制度ですので、日本にもWELLの認証を受けている建物が複数あります。