コニカミノルタは、今後の同社の柱となる新規事業を開発する組織「ビジネス イノベーション センター(BIC)」を世界5地域(日本、米国、欧州、アジア太平洋、中国)に展開している。このうち、日本のBIC Japanにおける中核テーマの1つは、ヘルスケアを含むライフサイエンス。オフィス向け複合機を主力事業とする同社が、なぜライフサイエンス領域に力を入れるのか、同社のオープンイノベーション活動の特徴は何か。BIC Japanの立ち上げから所長を務める波木井卓氏に聞いた。

ビジネス イノベーション センター ジャパン(BIC Japan)所長の波木井卓氏(写真:加藤 康、以下同)

 コニカミノルタが推進するオープンイノベーション活動の特徴は、「顧客の課題が起点であること」だ。新規事業開発のテーマ選定では、技術や人材など既存の企業資産を生かした「シーズ先行」であることが多いが、顧客が抱える課題を起点として解決策を生み出すのがコニカミノルタ流と言える。同社の新規事業推進部門であるビジネス イノベーション センター ジャパン(BIC Japan)所長の波木井卓氏は「解決策となる技術については、コニカミノルタが必ずしも持っていなくてもいい」という。

 コニカミノルタがBICを設立したのは2014年に遡る。合併前のコニカ、ミノルタ両社の祖業であるカメラ事業を2006年に売却、それに伴いオフィス向け複合機(MFP)などを主力事業に据えた。しかし、そのMFP事業ですらペーパーレスの時流の中では盤石とは言えない。そこで、既存事業以外の新しい事業の柱を見つけることを目的としてBICが設けられたというわけだ。