150年以上の歴史を持つグローバル食品飲料メーカーと知られるネスレだが、この10年ほど力を入れているのがヘルスケア事業だ。主力商品は、医療機関や介護施設向けの流動食や栄養補助食品であり、高齢化社会が一段と進行する今後、需要がさらに増えることが期待できる分野だ。社内カンパニーのトップを務める中島昭広氏に、これまでの成果や外部組織との連携における考え方、今後目指す方向などを聞いた。(聞き手は菊池 隆裕=日経BP 総合研究所)

 スイスに本社を置く世界最大の食品飲料企業であるネスレ。受験の験担ぎに欠かせない「キットカット」、コーヒーの「ネスカフェ」で一般消費者に広く知られる同社だが、2008年からはヘルスケア事業を強化。社内カンパニーであるネスレ ヘルスサイエンスを通じ、さまざまな製品を通じて栄養療法の提案を行っている。

 主力となるのは、医療・介護従事者の栄養療法をサポートする流動食と栄養補助食品だ。あのネスレが医療機関や介護施設向けに製品を提供していることにピンと来ない向きは多いかもしれない。しかし社名に「サイエンス」を冠したことから分かるように、その特徴は従来の食品事業で培ったノウハウに科学的根拠を加えた点にある。

 チューブを通じて摂取する流動食は大きく2種類。乳清ペプチドがベースの消化態栄養「ペプタメン」、食物繊維であるPHGG(グアーガム分解物)を含有する半消化態栄養「アイソカルサポート」をはじめとした「アイソカル」シリーズである。

「アイソカル」シリーズの1つ「アイソカル ゼリー ハイカロリー」(出所:ネスレ日本)

 「グアーガム」とは、インド・パキスタン地方で栽培されているグアー豆を精製した食物繊維で、PHGGは酵素処理によって粘度を低下させ、食品加工性を高めたもの。高齢者に多い便秘や下痢に効果があるとされ、論文や研究結果でも改善報告が出ている。

 口から食べるタイプの栄養補助食品はカップゼリーやストロー式の紙パック飲料など、より手軽に摂取できる製品。また、PHGGを採用した粉末状の「アイソカルサポート ファイバー」なども用意し、嚥下(飲み込み)の力が弱まった高齢者に負担がかからないことを心がけている。同社の調べによればカップゼリーは2019年に医療機関で販売数量シェア1位を獲得した。

 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー カンパニープレジデント 中島昭広氏は「従来、日本の流動食、医療用食品市場は価格重視で汎用品が主体だった。そこに我々が科学的なエビデンスに基づき、病態に応じた製品を提供することで栄養療法の道を切り開いてきた」と話す。汎用品と比較して高額だったため当初は受け入れられるかどうか不安もあったが、「患者の予後がまったく違うため、医師が我々の製品を選ぶケースが多い」(中島氏)という。

ネスレ ヘルスサイエンス カンパニーの中島昭広氏(写真:加藤 康、以下同)