Beyond Healthは2020年9月29日、円卓会議「健康人生100年の世界を実現するために『がんスクリーニング』を考える」を東京都内で実施した。

 この円卓会議は、
・「がんスクリーニング」の重要性を訴える
・「がんスクリーニング」を社会に根付かせるための課題を提起する
・「がんスクリーニング」に様々なステークホルダーの参画が不可欠であることを示す
を目的として開催したものである。

円卓会議の様子(写真:剣持 悠大)

 参加した有識者は次の通り。

[座長]
日本学士院長、京都大学名誉教授・元総長 井村裕夫氏

富士通 健康推進本部 健康事業統括部 統括部長 東泰弘氏
国立がん研究センター 理事長 中釜斉氏
ディー・エヌ・エー 代表取締役会長 南場智子氏
キャンサースキャン 代表取締役社長 福吉潤氏
アフラック生命保険 執行役員 森本晋介氏
(氏名50音順)

 今回の円卓会議では、「がんスクリーニング」を「生活者の中から、がんに関する検診や医療インフラに行くべき人をふるいわけること」と定義した。主に、検診や医療の前段階となる日常の生活空間を対象として、様々なステークホルダーによる取り組みや協働の可能性と課題などに焦点を当てて議論した。

 議論は、「一人ひとりの意識改革」「異業種連携・新たなプレーヤーの参画」「医療との正しい連携」という3つのテーマに分けて進めた。議論の詳細は本特設サイトで順次、お伝えしていく。

(タイトル部のImage:剣持 悠大)