ディー・エヌ・エー(DeNA)は、少量の血液からがんを早期発見する検査システムの研究開発を進めている。深層学習などの技術に強みを持つPreferred Networks(PFN)との合弁企業PFDeNAにおいて手掛けているものだ。現在は、この検査システムの社会実装を進める上で想定される課題の解決に、一つひとつ向き合っている最中だとDeNA 代表取締役会長の南場智子氏は語る。(小谷 卓也=Beyond Health)


 DeNAは1999年に立ち上がったITとAIに強みを持つ企業です。インターネットサービスを提供しており、そこから“リアルに染み出る”ようにセキュリティー、モビリティー、スポーツ事業を展開しており、ヘルスケア事業にも取り組みを広げています。

ディー・エヌ・エーの南場氏(写真:剣持 悠大、以下同)

 そもそもDeNAでのヘルスケア事業は2013年に私が社長を退任した後、DeNAに復帰するにあたって絶対やりたいと考えたものでした。当時、深刻な病気になって初めて健康の大切さに気付くがそれでは遅いのではないか、もっと早い段階から意識すべきではないかという課題を持つメンバーが多く集まっていました。その時に掲げたミッションが「病気になってから治すシックケアから、病気になることを予防するヘルスケアへ」でした。

 ヘルスケア事業の一つとして取り組んでいる「kencom」は、健康診断の結果をスマートフォンに送り、その結果に基づいて個別に最適化したウォーキングなどの運動情報を配信するサービス。およそ80の健康保険組合の加入者約400万人に提供しています。サービスを使い続けている方とそうでない方を比べると、生活習慣病の予防に一定の効果が示されています。他にも、万が一に備えるだけではなく、日常から楽しく健康になれるという保険サービスにも着手しています。

 こうした中、ヘルスケア事業の新たな取り組みとして、Preferred Networksと国立がん研究センターをはじめとした複数の医療施設と共同で、がんのスクリーニング検査に取り組んでいます。目的は、がんを早期に発見する検査を広く社会に提供すること。人間ドックのオプション検査として受診者の方々に利用してもらい、医師による受診推奨の一助となる検査結果を提供していきたいと考えています。

 がんスクリーニング検査の精度については、さまざまな意見があります。我々は、臨床有用性のある確かな検査を提供すべく、PMDA(医薬品医療機器総合機構)の承認審査を経た上での社会実装を目指しています。