リスクの高い人に手厚くスクリーニングを行う時代へ

 データ活用により個人のリスクを分別し、それに応じて積極的に介入を図っていくことも重要になる。キャンサースキャンの福吉氏は、「レセプト(診療報酬明細書)データなどの数字から個々人のリスクが見えてくる。リスクの高い人には積極的にアプローチして、がん検診を受けてもらう。こうしたレセプトなどを用いた研究も重要だ」とする。

 今後は、ゲノムデータなども容易に取得できる時代になってくる。将来的には、ゲノムデータも含めたリスク判断に基づいた介入が行われるようになると国立がん研究センターの中釜氏は語る。「環境要因に加えて、ゲノム要因を含め、リスクの高い人に手厚くスクリーニングを行うようになるだろう。まだそこまで着手できてはいないが、いずれそうなっていくと考えている」。

 富士通では、同社社員で大腸がんと乳がんを発症した人のがん検診の受診の有無を調べた。すると、「いずれのがんもがん検診の受診の有無によって、発見時の進行度に大きな差があることが分かった」(同社の東氏)。結果として、治療にかかった医療費も、大きな差があったという。一人ひとりの意識改革を進め、がん予防やがん検診による早期発見を進めることは、個人にとってはもちろん、社会全体にとっても大きな意義があることだと言えそうだ。

(タイトル部のImage:剣持 悠大)