Beyond Healthは2020年10月15日、日経クロスヘルスEXPO 2020において特別セッション「これが未来の住宅『Beyond Home』の全貌」を実施した。同EXPO全体のオンライン開催に伴い、本セッションも東京都内のスタジオから生配信の形で展開した。

 今回のセッションのテーマである「Beyond Home」は、Beyond Healthが描いた2030年に実現しているべき未来の住宅。大きく、(1)生体データや行動データ、環境データなどあらゆるデータを測定・蓄積する、(2)データを活用して健康に導く働きかけをする、(3)命を守ったり健康を増進させたりする仕掛けを施す、という3つの要素を盛り込んでいる(関連記事:これが未来の住宅「Beyond Home」の全貌 3つの要素で“健康”を作り出す空間に)。

セッションのテーマは「Beyond Home」(写真:剣持 悠大)

 このBeyond Homeを題材にしながら、住宅という空間を軸に起きるヘルスケアイノベーションや異業種連携について、以下の登壇者で議論した。

[パネリスト]
・東洋大学 INIAD(情報連携学部) 学部長 坂村健氏
・国土交通省 住宅局住宅生産課建築環境企画室長 村上慶裕氏
・日経BP 総合研究所 戦略企画部長 高橋博樹
[モデレーター]
・日経BP 総合研究所 Beyond Health編集長 小谷卓也

 セッションの前半では、各パネリストがそれぞれの取り組みなどについて紹介した。日経BPの高橋は今回のテーマである「Beyond Home」について、東洋大学の坂村氏は同氏がかねて手掛けてきた「2030年のIoT住宅」について、国土交通省の村上氏は「国土交通省が考える住宅とヘルスケア」についてそれぞれ説明。

 後半のクロストークでは、「Beyond Home」に対する議論や、その実現へのハードルに対する議論、異業種連携/オープンイノベーションの必要性に対する議論などが展開された。

 今回の特別セッションの詳細は本特設サイトで順次、お伝えしていく。

(タイトル部のImage:剣持 悠大)