Beyond Healthは2020年10月15日、日経クロスヘルスEXPO 2020において特別セッション「これが未来の住宅『Beyond Home』の全貌」を実施した。住宅という空間を軸に起きるヘルスケアイノベーションや異業種連携について議論が展開された(関連記事:「Beyond Home」を題材に異業種連携などを議論)。

 セッションのテーマであるBeyond Homeは、Beyond Healthが描いた2030年に実現しているべき未来の住宅。大きく、(1)生体データや行動データ、環境データなどあらゆるデータを測定・蓄積する、(2)データを活用して健康に導く働きかけをする、(3)命を守ったり健康を増進させたりする仕掛けを施す、という3つの要素を盛り込んでいる(関連記事:これが未来の住宅「Beyond Home」の全貌 3つの要素で“健康”を作り出す空間に)。

 セッションの前半では、パネリストがそれぞれの取り組みなどについて紹介した。その一人として、Beyond Homeの創案者である日経BP 総合研究所 戦略企画部長の高橋博樹が登壇。その狙いと位置付けを説明した。

Beyond Healthを丸ごと使ったオープンイノベーションを進める

 Beyond Homeは、玄関やリビングの壁、浴室、洗面台、トイレ、階段、寝室、書斎に至るまで、住宅内の各所に“健康”を作り出す仕掛けを埋め込んでいる。逆に言えば、その実現に向けては、これまで交わることのなかった業界同士が手をつなぐ必要がある。

日経BPの高橋(写真:剣持 悠大)

 Beyond Homeというコンセプトを提唱しているのは、そうした異業種連携のハブにするためだと高橋は説明する。「各方面から情報、人、モノが集まるメディアの特性を生かし、Beyond Homeに関する情報発信を展開しているBeyond Healthを丸ごと使ったオープンイノベーションを進める。これにより、異業種連携を図りながら未来の住宅を実現していく」(同)。

 同時に、Beyond Homeの実現に向けては、データの取り扱いに関する課題や法律や規制の壁も出てくる。高橋は、こうした課題を解決するための社会ムーブメント作りも、メディアとしての重要な役割だと位置付ける。「将来的な法規制の見直しなどを含め、社会全体を動かすムーブメントを醸成し、未病改善の大切さを訴えていかねばならない」(同)。

 現時点のBeyond Homeのイラストは、たたき台の段階だ。「現在の構想はまだまだ発展途上。情報を発信し続け、皆さんからいただく意見を参考にしながらアップデートさせていきたい」と高橋は締めくくった。

(タイトル部のImage:剣持 悠大)