Beyond Healthは2020年10月15日、日経クロスヘルスEXPO 2020において特別セッション「これが未来の住宅『Beyond Home』の全貌」を実施した。住宅という空間を軸に起きるヘルスケアイノベーションや異業種連携について議論が展開された(関連記事:「Beyond Home」を題材に異業種連携などを議論)。

 セッションのテーマであるBeyond Homeは、Beyond Healthが描いた2030年に実現しているべき未来の住宅。大きく、(1)生体データや行動データ、環境データなどあらゆるデータを測定・蓄積する、(2)データを活用して健康に導く働きかけをする、(3)命を守ったり健康を増進させたりする仕掛けを施す、という3つの要素を盛り込んでいる(関連記事:これが未来の住宅「Beyond Home」の全貌 3つの要素で“健康”を作り出す空間に)。

 セッション前半で登壇者3人がそれぞれの取り組みなどを紹介したプレゼンを受けて、後半ではトークセッションが繰り広げられた。以降ではその様子を紹介していこう。

高齢者や障害者の人たちが単身でも暮らせるようなイメージを

 まず、今回のセッションのテーマである「Beyond Home」についての議論から始まった。「Beyond Homeについての率直な感想は?」との質問だ。

トークセッションの様子(写真:剣持 悠大、以下同)

 東洋大学 INIAD(情報連携学部) 学部長の坂村健氏は、あえて厳しくコメントすると前置きし「あまり整理されておらず、いろんなものを寄せ集めた感じに見える」と切り込んだ。その上で次のように指摘した。

 「まずは住宅の質を高めること。それからIoTやコンピューターを実装していくのが筋だと思う。このイラストからは、それぞれの機器がどのように連携するのかが見えてこない。家電メーカーに顕著な傾向だが、一つひとつを単独で開発してしまうとつながらなくなってしまう。関係のない人たちがしっかりとつながる連携の意識が重要だと思う」。

 国土交通省 住宅局住宅生産課建築環境企画室長の村上慶裕氏は、現状のBeyond Homeのイラストは家族世帯を想定したものに見えるため、「高齢者や障害者の人たちが単身でも暮らせるようなイメージを見せてほしい」と指摘した。

 これを受けBeyond Home創案者である日経BP 総合研究所 戦略企画部長の高橋博樹は、「先ほどのプレゼンでも触れたように、このイラストは完成形ではない。むしろ、お二人からいただいたような辛辣な意見を集めるために可視化したもの。これからもさまざまな意見を吸収して、より良いものにアップデートしていきたい」と応じた。