もっと簡単に身体の「サイズ」を計測できれば、健康維持や疾病予防に役立つのではないか──。今、体のサイズや形状などの体形情報と健康状態の関係に注目し始めたのが、スマホなどを使った手軽な自動採寸技術を展開する「サイズテック」企業だ。

 従来、体形は健康状態を判断するうえでの一つの指標となってきた。一般に太り過ぎややせ過ぎと思えば、何かしら健康を害しているのではと疑う。医学的にも、例えばへそ高さでの腹囲と内臓脂肪面積には相関があるとされ、特定健診では腹囲がメタボリックシンドロームの診断基準の一つとなっている。

 腹囲のようなサイズは、内臓脂肪など要因そのものを見るわけではなく正確性では劣る半面、X線やCT装置による測定に比べると身体への負担がなく、計測が容易という利点がある。特別な装置も不要で、メジャーさえあれば自宅でもどこでも、自分でも計測することが可能だ。厚生労働省による生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」では、週に1~2回計測することが推奨されている*1)

*1)https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-07-001.html

 ただし“自分で計測できる”と分かっていても、実際に週に1~2回といった頻度で測定するのはなかなか難しい。また、簡単に測定できる腹囲であっても測り方によって値がバラつきやすく、特に自分で測る場合は毎回正しく同様に測定できているのかどうかには疑問が残る。そこに目を付け始めたのが、冒頭のサイズテック企業だ。

ネット通販で手軽な採寸技術が実用化

 元々、レーザーなどを利用した自動採寸技術は精度向上や手間を省く目的で衣料品や下着といったファッション・アパレル業界の一部で利用されていた。そして、ネット通販の普及が進むにつれて、スマホなどを使って自分で手軽に実施できる自動採寸技術が実用化されてきた。代表例が、衣料品などのネット通販サイト「ZOZO TOWN」を運営するスタートトゥデイ(現ZOZO)の採寸スーツ「ZOZOSUIT」だ。2018年4月に発送を開始し230万枚を出荷したという独特の水玉模様状のマーカーが施された同製品は、身長・体重データに加えて同スーツの着用姿をスマホで12回撮影することで採寸するというものだった。

スマホを使って約300~400個のマーカーを読み取る方式を採用した「ZOZOSUIT」(写真:当時のスタートトゥデイのプレスリリース)

 また、シリコンバレー発のオンラインカスタムシャツブランド「Original Stitch」(米Original、2019年にワールドが子会社化)は任意の衣服を身に付けた2枚の全身写真と身長・体重データから人工知能(AI)により採寸するスマホ向けの身体採寸アプリ「Bodygram」のサービス展開を2018年11月に始め、2019年1月には米Bodygramを分社化して身体採寸技術事業を独立させた。同技術はユニクロのサービス(アプリ)「MySize CAMERA」などに採用されているほか、コロナ禍において顧客への接触機会を減らせるとしてそごう横浜店や西武池袋本店の紳士服売り場でも導入されている。

スマホを使い、2枚の全身写真と身長・体重データから採寸する「Bodygram」(写真:Bodygram Japanのプレスリリース)