2017年の発表以来、様々な話題を振りまきながらも一旦配布終了となっていた「ZOZOSUIT」。そのデザインを大幅に変更し、当時問題となった「精度」と「コスト」の課題を解決したとする「ZOZOSUIT 2」があらためて登場した。手軽な自動計測技術による「サイズテック」の雄、ZOZOが次の市場の一つとして狙うのがヘルスケア領域だ。

 ZOZOSUITを開発したのは、衣料品の通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZO(旧スタートトゥデイ、2018年10月1日に社名をスタートトゥデイからZOZOに変更)。同製品は、同社がファッションECの課題とする「サイズの不安」を解消すべく、自宅などでの手軽な自動採寸を実現し、商品検索やレコメンドといった機能の正確性を高めるほか、同社プライベートブランドからのオーダー製品に活用することを想定し開発された。

 発表以来、同製品は常に世間の注目を集め続けた。2017年11月、同社がニュージーランドのセンサー開発企業StretchSenseと共同開発した伸縮センサー内蔵の採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT」の無料配布を告知すると、最先端の自動採寸技術への関心の高まりに、人気漫画に登場する衣装に似た外観への期待もあいまって注文が殺到。

 量産性を高めようと、2018年4月には採用する採寸技術を伸縮センサー方式から“水玉柄”のマーカーによる画像認識方式への変更を発表して量産配布を開始し、最終的には約230万枚を配布した。そして計測結果に基づくプライベートブランド製品として、Tシャツやデニムパンツなどのパターンオーダー品、ビジネススーツやドレスシャツといったフルオーダー品を展開していった。

計測用ボディスーツ「ZOZOSUIT」(左)と「ZOZOSUIT 2」(右)(撮影:加藤 康)

 自動採寸技術による事業は華々しいスタートを切ったものの、順調に進んだとは言い難かった。衣類の中でも採寸がカギとなるビジネススーツやドレスシャツでは、製品の不良や出荷延期などのトラブルが相次いだ。

 加えてZOZOSUITの開発や生産、無料配布に伴うコストもかさんだことから同社の利益を圧迫。結局、同社はZOZOSUITの配布を終了し、計測に基づくプライベートブランド製品の販売も終了した。

 一方で収集した100万件以上の体形データを活用し、身長・体重を入力すれば推定される体形に適切なサイズの衣類を提供する「マルチサイズ」を、新たに人気ブランドをパートナーとして豊富なラインナップで開始した。計測なしに自分サイズの服を提供する体制を整え、全身自動採寸に関する事業は収束したかに見えた。

 そんな同社が、3Dレーザースキャナーに匹敵する精度で身体3Dモデルを生成できるとして2020年10月29日に発表したのが、計測用ボディスーツ「ZOZOSUIT 2」だ。基本的なコンセプトは従来品のZOZOSUITと同じ。ボディスーツを着用の上、スマートフォン(スマホ)アプリを使って12枚の写真を撮影し、画像認識技術を使って身体の3Dモデルを得る。

 ただし、今回は自社事業への活用よりもサービス共創に向けたパートナー事業への展開を打ち出した。用途としては「ダイエット」や「ヘルスケア」「スポーツ」といったファッション以外の領域も想定する。