衣類以上にサイズと健康との関係が強いのが「足」と「靴」だ。健康の維持には歩けることが不可欠であり、歩ける状態を維持するためには適切な靴選びが不可欠だからだ。特に高齢化社会では足の重要度はさらに高まると考えられる。詳細な足の3Dデータを計測して適切な靴を選択する、さらには足のデータと健康との相関関係を明らかにするべく、取り組みが進んでいる。

 王子はガラスの靴の落とし主を探そうと、家来に国中を回るように命ずる。家来は女性たちに片っ端からガラスの靴を履かせ、ぴったりと合う1人の女性を探し出す──おとぎ話の有名な場面も、現在のコロナ禍ならば「国中を移動する家来が大勢の女性に接触するなんて!」と、実現は難しいに違いない。しかも現実界では、1足の靴に対してぴったりと合う1人の女性を探すのではなく、大勢の女性がそれぞれ自分にぴったりと合う靴を探しているのだ。

 三次元足型自動計測機などを製造するドリーム・ジーピーは、試着室のような個室の中で、人との接触なしにセルフ方式での詳細な足型計測を実現する「シンデレラキューブ」を2021年1月に発表した。1坪に満たないスペースに、片足につき約3万点を約15秒で計測するレーザー方式の三次元足型自動計測機や足底圧計測システム、計測の指示や結果などを表示するディスプレーなど、必要な計測機類を収める。足の3Dデータや寸法情報、足裏の圧力分布といった情報が簡単に得られる。

「シンデレラキューブ」は試着室のような個室になっているため、裸足の姿を他人に見られずに足の3Dデータなどを計測できる。側面に大型ディスプレーがあり、宣伝などに利用できる(撮影:Beyond Health)

 計測したデータはクラウド上のデータベース「Foot Bank」に収集し、そのデータをAPIシステムにより外部参照できるよう「Foot Bank API」も提供している。利用企業は計測データを自社の顧客管理システムに取り込んだり、商品開発やマーケティング等に利用できる。シンデレラキューブの計測データをスマホでのネット通販の製品に結び付け、いわば「デジタルフィッテイングが可能な、在庫を置かない極小店舗」としても利用できるというわけだ。完全な無人運用も想定し、遠隔から計測を支援したり質問に対応する遠隔サポート体制も現在構築中だ。非接触での接客に取り組む百貨店やアパレル店舗での利用に加え、無人販売を進めたい靴小売りや靴メーカー、ネット通販事業者との提携を見込む。

三次元足型自動計測機による計測結果の例。ディスプレーのQRコードから計測データを自分のスマホでも確認できる。同社は、大手百貨店の4店舗に三次元足型自動計測機6台を設置し、百貨店のアプリに計測データを取り込むためのAPI連携を行っている実績を持つ(撮影:Beyond Health)

 ただし、靴選びに向けてはもっと手軽にスマートフォン(スマホ)を活用する足の採寸技術が数多く登場している。アシックスが2017年にサービス開始した「MOBILE FOOT ID」やZOZOが2019年から配布している「ZOZOMAT」、さらにはBodygramの関連会社であるVisualizeが2020年に発表した3D足型採寸技術「Visualize」などである。

 こうした技術との差異化を図るべく、ドリーム・ジーピーが目を付けるのが「靴」と「足」と「健康」の関係性だ。足のサイズと全身の健康状態、靴はそれぞれ互いに強く影響し合っている。合わない靴は足指の変形や転倒を引き起こす原因になり得る。また、足の形状を調べることで体のバランスや筋力の偏りなどが分かるとの見方もある。さらに、「つちふまず」がなくなる偏平足や、糖尿病が引き金となって生じる様々な足の病気などを、靴によってサポートすることもできる。レーザーにより得られる詳細な足の3Dデータを、医療・ヘルスケア分野に活用しようというわけだ。