太るのは健康に悪いが、やせているのは大丈夫。そんなふうに思っていないだろうか。特に女性は見た目を気にして、過度なダイエットをしている人が多い。しかし、「やせていることは太っていることと同じくらい不健康」ともいうべき研究結果が最近、報告された。順天堂大学大学院医学研究科スポートロジーセンター・代謝内分泌内科学の田村好史先任准教授らの研究だ。

特筆すべきは、これまであまり目が注がれてこなかった、やせた若い女性の健康課題を浮き彫りにした点だ。明らかになったのは、やせている若年女性は糖尿病の前段階である耐糖能異常の割合が標準体重の女性より約7倍も高く、また驚くことに、見た目がまったく逆の肥満者と同様の代謝異常に陥っていたということ。いわば、“やせメタボ”。やせていても、将来、糖尿病などの生活習慣病を発症するリスクが高いわけだ。日本は先進国の中で女性のやせの割合が最も高い。フェムケアやフェムテックに社会の注目が集まる中、やせた女性のヘルスケアは間違いなく、これからの大きな課題だ。

 日本には、やせた女性が多い。国民健康・栄養調査によると、BMI18.5kg/m2未満の「やせ」に相当する成人女性は10人に1人、20代女性に限ると実に5人に1人という多さだ。しかも、そんな状態が20年以上も前から続いている。これは国際的に見ても極めて特異な状況だ。田村好史先任准教授は次のように話す。

田村准教授(写真提供:田村氏)
田村准教授(写真提供:田村氏)
[画像のクリックで別ページへ]

 「過去20年間(1997~2016年)に女性のBMIが低下した国は、全世界で日本とシンガポールだけ。特に日本は先進国の中で最も女性のやせの割合が多いと報告されている。栄養状態の改善が進み、先進国から途上国に至るまで女性のBMIは増加傾向にあるにもかかわらず、日本では明らかに逆行している。日本をはじめとしたアジア諸国では、欧米諸国などとは違って、やせていても糖尿病になる人が多いことは以前から知られていたが、これまでの研究は中年以降を対象にしたものだった。ならば、やせた若年女性の糖や脂肪の代謝がどうなっているか、調べてみよう。そんな問題意識から研究を行った」

 対象となったのは、18~29歳のやせた日本人女性(BMI16~18.49 kg/m2 )98人と、標準体重(同18.5~23 kg/m2)の日本人女性56人。75gのブドウ糖を経口摂取し、2時間後の血糖値を調べた。この値が140mg/dl以上、200mg/dl未満ならば、「耐糖能異常」による食後高血糖の状態と判定される。

イメージ画像(出所:Getty Images)
イメージ画像(出所:Getty Images)

 耐糖能異常とは、血糖を下げるインスリンというホルモンの分泌が低下したり、その効きが悪くなる「インスリン抵抗性」が生じたりしている状態。体内の糖をうまく処理できないため、糖の摂取から2時間経ってもまだ高めの血糖値が持続している。このような食後高血糖は、糖尿病の予備軍と位置づけられる。