太るのは健康に悪いが、やせているのは大丈夫。そんなふうに思っていないだろうか。特に女性は見た目を気にして、過度なダイエットをしている人が多い。しかし、「やせていることは太っていることと同じくらい不健康」ともいうべき研究結果が最近、報告された。順天堂大学大学院医学研究科スポートロジーセンター・代謝内分泌内科学の田村好史先任准教授らの研究だ。

特筆すべきは、これまであまり目が注がれてこなかった、やせた若い女性の健康課題を浮き彫りにした点だ。明らかになったのは、やせている若年女性は糖尿病の前段階である耐糖能異常の割合が標準体重の女性より約7倍も高く、また驚くことに、見た目がまったく逆の肥満者と同様の代謝異常に陥っていたということ。いわば、“やせメタボ”。やせていても、将来、糖尿病などの生活習慣病を発症するリスクが高いわけだ。日本は先進国の中で女性のやせの割合が最も高い。フェムケアやフェムテックに社会の注目が集まる中、やせた女性のヘルスケアは間違いなく、これからの大きな課題だ。

 日本には、やせた女性が多い。国民健康・栄養調査によると、BMI18.5kg/m2未満の「やせ」に相当する成人女性は10人に1人、20代女性に限ると実に5人に1人という多さだ。しかも、そんな状態が20年以上も前から続いている。これは国際的に見ても極めて特異な状況だ。田村好史先任准教授は次のように話す。

田村准教授(写真提供:田村氏)

 「過去20年間(1997~2016年)に女性のBMIが低下した国は、全世界で日本とシンガポールだけ。特に日本は先進国の中で最も女性のやせの割合が多いと報告されている。栄養状態の改善が進み、先進国から途上国に至るまで女性のBMIは増加傾向にあるにもかかわらず、日本では明らかに逆行している。日本をはじめとしたアジア諸国では、欧米諸国などとは違って、やせていても糖尿病になる人が多いことは以前から知られていたが、これまでの研究は中年以降を対象にしたものだった。ならば、やせた若年女性の糖や脂肪の代謝がどうなっているか、調べてみよう。そんな問題意識から研究を行った」

 対象となったのは、18~29歳のやせた日本人女性(BMI16~18.49 kg/m2 )98人と、標準体重(同18.5~23 kg/m2)の日本人女性56人。75gのブドウ糖を経口摂取し、2時間後の血糖値を調べた。この値が140mg/dl以上、200mg/dl未満ならば、「耐糖能異常」による食後高血糖の状態と判定される。

イメージ画像(出所:Getty Images)

 耐糖能異常とは、血糖を下げるインスリンというホルモンの分泌が低下したり、その効きが悪くなる「インスリン抵抗性」が生じたりしている状態。体内の糖をうまく処理できないため、糖の摂取から2時間経ってもまだ高めの血糖値が持続している。このような食後高血糖は、糖尿病の予備軍と位置づけられる。

耐糖能異常の割合は米国の肥満者より多く

 では、結果はどうだったか。標準体重の若年女性の耐糖能異常の割合は1.8%、一方、やせた若年女性では13.3%だった。標準体重の女性に比べ、やせた女性は実に7.4倍も耐糖能異常の割合が多かったのだ(下図)。

痩せた若年女性では耐糖能異常が多い(出所:順天堂大学プレスリリース)

 「米国の肥満者の耐糖能異常の割合は10.6%と報告されている。日本のやせた若年女性は、それすらも上回っていた。まさか、ここまで多いとは予想していなかった」と田村先任准教授は話す。

 研究では耐糖能異常だけでなく、体組成測定(DXA法)、体力測定、食事内容や身体活動量に関するアンケートも実施した。その結果、やせた若年女性は標準体重の女性に比べて、体重が少ない、特に筋肉量が少ない、身体活動量が少ない、エネルギー摂取量が少ない、という特徴があることもわかった。

 「つまり、食事量も運動量も少ない『エネルギー低回転型』の人が非常に多かった。やせていると言っても、アスリートのように1日4000kcal食べて、20キロ走っているような人もいれば、1日1500kcalしか食べず、3000歩しか歩かないような人もいる。今回の研究で、やせているのに耐糖能異常の割合が多かったのは、後者のタイプ。あまり食べず、あまり動かないから、筋肉量も少ないのだろう」

 さらに、耐糖能異常の状態を詳しく解析したところ、インスリン分泌の低下だけでなく、インスリン抵抗性、つまりインスリンの効きにくさも中年肥満者と同程度に生じていることが明らかになった。また、血中の遊離脂肪酸濃度も高かった(下図)。これは何を意味するのだろうか。

痩せた若年女性の耐糖能異常の特徴(出所:順天堂大学プレスリリース)

 「インスリン抵抗性は、肥満に伴って生じることが多い。やせ型の人の糖代謝異常はインスリンの分泌低下が主な原因だと従来考えられてきたが、今回の研究では、やせた若年女性にも肥満者と同様のインスリン抵抗性が認められた。また、血中の遊離脂肪酸濃度が高いということは、脂肪組織から脂肪が漏れ出て全身にばらまかれていることを意味する。これも肥満者によく見られる現象だ。つまり、やせた若年女性は肥満者と同様の代謝異常に陥っており、いわば『代謝的肥満』と呼べる状態にあることが、今回の研究で初めて明らかになった」

 やせているのに、糖や脂肪の代謝は肥満者と同じ。田村先任准教授は、このような状態を“やせメタボ”と呼んでいる。

 なお、今回の研究結果は、米国内分泌学会雑誌「Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism」のオンライン版(2021年1月29日付)で公開された。

問題は「筋肉」にあった、量と質の低下がもたらす代謝異常

 それにしても、やせているにもかかわらず、どうしてメタボと同じ代謝異常が起きるのか。田村先任准教授によると、問題は「筋肉」にあるという。筋肉の“量”と“質”が低下し、代謝異常を招いているというのだ。

 そもそも筋肉は体の中で糖を貯蔵する最大の臓器だから、筋肉量が少ないと十分な量の糖を取り込めず、血糖値が上がりやすくなる。では、筋肉の質はどうだろう。田村先任准教授は、筋肉の質の低下には「脂肪筋」と「筋肉のインスリン抵抗性」が関わっているとして、次のように続ける。

 「脂肪筋というのは、筋肉の細胞に脂肪がたまった状態を指す。脂肪細胞から漏れ出た遊離脂肪酸が筋細胞に過剰に蓄積したもので、いわゆる異所性脂肪と呼ばれるものだ。この異所性脂肪は筋肉の細胞の中で毒性を発揮し、インスリンの効きを悪くする作用がある。こうして筋肉のインスリン抵抗性が生じ、耐糖能異常につながったと考えられる」

 脂肪筋や筋肉でのインスリン抵抗性のために、本来筋肉が持つ働きを十分に発揮できない。それが筋肉の質が低下した状態というわけだ。このような筋肉の質の低下は、運動不足や低体力、高脂肪食、体脂肪率が高めの人に起こりやすいという。また、脂肪肝やごく軽い肝機能(ALT)異常、中性脂肪値の上昇などがある場合は、すでに筋肉のインスリン抵抗性が生じている可能性があるそうだ。心当たりのある人は要注意。これは、やせた若年女性に限らない。

筋肉のインスリン抵抗性と代謝異常のメカニズム
糖と脂肪の代謝異常は、「筋肉」から始まると考えられる。運動不足や高脂肪食、体脂肪率上昇などから筋肉に脂肪がたまる“脂肪筋”になり、筋肉でインスリン抵抗性が生じる。これが筋肉の質が低下した状態。この状態で糖質をいつも通り摂取すると、今までは筋肉で摂り込まれていた糖が肝臓に流れ、肝臓内で中性脂肪が新たに合成されて、脂肪肝を招く。また肝臓内の糖や中性脂肪が血中に流れ出すと、血糖値や中性脂肪値の上昇を招く。この悪い流れを断ち切るには、運動で筋肉の量と質を改善するのが本質的、かつ重要だという(資料提供:田村氏)
こんな人は筋肉の“質”が低下している可能性が
(脂肪筋&筋肉のインスリン抵抗性チェック)
  •  運動不足
  •  低体力
  •  脂肪の摂り過ぎ
  •  体脂肪率が高め(男性20%以上、女性25%以上)
  •  血糖値が高め
  •  血中の中性脂肪値が高め
  •  脂肪肝(軽度も含む)
  •  肝機能異常(ALTが正常範囲内だが、ちょっと高め)

糖尿病予備軍の「やせた体重」を適正にするには

 やせた若年女性の耐糖能異常は、将来の糖尿病発症へとつながる可能性がある。これを防ぐためには、エネルギー低回転型のライフスタイルを見直すことが何より重要だという。つまり、食事量を増やして十分な栄養を摂取し、体重を増やす。そして筋肉の量と質を改善する。田村先任准教授は、その最も効果的な方法は、「運動」+「食べる」だという。

 「しっかり食べて体重を増やすことは大切なのだが、実は、やせた若年女性にとっては難しい場合が多い。これまで少ししか食べてこなかったため、なかなか食事量を増やせないのだ。女性のやせの問題に取り組んでいる専門家も、どうしたらもっと食べてもらえるかと、みな苦心しているのが実情だ。そこで発想を少し変えて、まずは運動することを提案したい。ウォーキングでもいい、ちょっとした体操やヨガなどでもいい。とにかく体を動かすことから始めてみてほしい。運動をすると気分がすっきりするし、お腹も減るので自然と食べる量が増える場合も多い。そうやってエネルギー回転を徐々に上げていく。もちろん、運動は筋肉の状態も改善してくれる」

 筋肉の量を増やすには、筋肉に負荷をかけるレジスタンス運動が効果的だ。スクワットや腕立て伏せなどの筋トレの他、階段や坂道の上り下り、ハイキングや山登りなどもお勧めだという。一方、筋肉の質を上げるには、ウォーキングやジョギング、水泳、自転車こぎなどの有酸素運動が有効だ。有酸素運動には脂肪燃焼作用があるので、筋肉に蓄積した脂肪が減り、脂肪筋や筋肉のインスリン抵抗性の改善につながる。

 「一番意識してほしいのは、毎日の歩数。厚生労働省の健康づくりのための身体活動指針では1日8000歩が目標とされている。これをぜひ目指してほしい。通勤時にはできるだけ多く歩く、階段を使う。家でも家事や買い物など、こまめにちょこちょこ動いて身体活動量を増やすようにする。また週末には、しっかり体を動かすスポーツやハイキングなどをすれば、さらにいい。脂肪筋は運動で変化しやすく、内臓脂肪や皮下脂肪よりも減るのが早い。筋肉のインスリン抵抗性の改善は、体重が減る、増えるとは関係なしにもたらされる」

 運動の効果は大きいが、今後は個々人の筋肉の状態に応じて個別に指導するようにすれば、さらに効果的だろうと田村先任准教授は言う。例えば、筋肉の質はいいが量が足りない人にはレジスタンス運動から始めてもらう、筋肉の量は十分だが質の悪い人には有酸素運動を増やすように勧める、といった具合だ。ただ「運動をしましょう」ではなく、各自の筋肉の状態をチェックした上で、より効果的な運動法を選択するわけだ。

筋肉の状態に応じた運動の組み合わせ
筋肉の質はいいが量が足りない人にはレジスタンス運動から始めてもらう、筋肉の量は十分だが質の悪い人には有酸素運動を増やすように勧めるといった工夫を(資料提供:田村氏)

若いうちから運動に親しむ環境づくりを

 また、できるだけ若いうちから運動に親しむような働きかけをしていくことも重要だという。糖尿病予防は大人になってからではなく、子どもの頃から対策を講じた方がずっと効果的だからだ。

 「欧米では糖尿病予防のターゲットは肥満者だが、近年はより若い層へとシフトし、子どもの肥満を防ぐことで糖尿病を予防しようという動きが広がっている。例えば、ソフトドリンクの販売機を学校から撤去する条例を作ったり、甘い炭酸飲料に課税するソーダ税を導入したりして、子どもの肥満を減らそうとしている。このように日本でもより早い段階から女性のやせ問題に取り組み、将来の糖尿病予防につなげていく必要がある。例えば、運動習慣もその一つ。現在の中学校や高校の部活は競技スポーツが中心で練習が厳しい傾向があるが、そういったものとは別に、ウォーキングやヨガといった軽めの運動を楽しく行える部活があってもいい。若い頃の運動経験は長い目で見ると、生涯を通した運動習慣になる可能性がある。これはスポーツ庁から平成30年に出された『運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン』でも強く指摘された点で、すでに“ゆる部活”として導入している学校もある」

 運動は、肥満だけでなく、やせにも効くのだ。

 生活習慣病は、生活習慣の歪みと遺伝的素因が合わさって発症する。やせた若年女性の場合、やせ過ぎや低体力、運動不足といった要因が体にとって“負荷”となり、遺伝的素因が表に出やすくなっているのではないかと、田村先任准教授は推察する。

 「太っていても糖尿病にならない人がいるように、やせた若年女性が必ずしも全員、耐糖能異常を起こすわけでもない。やはりそこには遺伝的な素因の有無が関係しているようだ。やせた若年女性の耐糖能異常は、やせとエネルギー低回転型の状態が負荷となって、もともと持っている遺伝的な弱さが若くして炙り出された結果と言えるのかもしれない。不健康なやせは、体にとって大きな負荷になる。そのことをしっかり認識しておく必要があるだろう」

 若い女性のやせは、耐糖能異常や糖尿病だけなく、月経異常や不妊、将来の骨粗鬆症やフレイル、さらには寝たきりのリスク増など、女性のライフステージ全般にわたって弊害をもたらす。また、やせた女性が妊娠すると、生まれてくる子が低体重になりやすく、次世代の健康リスクを高めるという報告もある(関連記事:若い女性の「やせ対策」が急務なワケ )。

 若い女性のやせ対策が、女性の一生、さらには次世代の健康をも左右するといっても過言ではないのだ。

田村 好史(たむら・よしふみ)
順天堂大学大学院医学研究科スポートロジーセンター・代謝内分泌内科学先任准教授。同大学国際教養学部グローバルヘルスサービス領域教授。1997年、順天堂大学医学部卒業。カナダ・トロント大学生理学教室留学、順天堂大学医学部内科学代謝内分泌学講座准教授などを経て、2017年から同大学国際教養学部グローバルヘルスサービス領域教授、2020年から同大学大学院スポートロジーセンター・代謝内分泌内科学先任准教授。専門は糖尿病、インスリン抵抗性、異所性脂肪、肥満、糖尿病の運動療法など。2016~2018年、スポーツ庁参与も務める

(タイトル部のImage:Getty Images)

【お知らせ】
Beyond Health特別セッション [日経クロスヘルスEXPO内]
これが近未来の新市場「空間×ヘルスケア 2030」の全貌
2021/10/22(金) 10:00 ~ 11:20(オンライン)

<聴講無料・事前登録制>


[登壇者]
経済産業大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官 兼 復興大臣政務官
参議院議員
佐藤 啓 氏
奈良県立医科大学
MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所 副所長(研究教授)
梅田 智広 氏
ほか

詳細はこちら