女性特有の悩みや課題を解決する「フェムテック」の広がりは、ますます勢いを増している。フェムテックのカテゴリーとしては、生理ケア(吸水ショーツや月経カップ、生理周期関連アプリ)、デリケートゾーンケア(コスメやサプリ)、不妊・妊活ケア(サプリや基礎体温・生理周期管理アプリ、ホルモン検査、卵子凍結サービス)、妊娠・産後・更年期ケア(オンライン健康相談サービスや漢方・サプリ、膣トレアイテム)、オンラインでの婦人科診療や低用量ピルの処方など多岐にわたっているが、今まで日本では見過ごされがちだった、女性のための「セクシャルウェルネス」(セルフプレジャーアイテムや性交痛軽減アイテムなど)も注目を集めているという。その波は、ついに百貨店をも動かした。

伊勢丹新宿店本館1階で行われた「センシュアルライフ〜わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック〜」の会場(撮影:齋藤 暁経、以下同)
伊勢丹新宿店本館1階で行われた「センシュアルライフ〜わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック〜」の会場(撮影:齋藤 暁経、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

伊勢丹新宿店で最大級のフェムテックフェア

 3月17日〜4月6日の3週間、伊勢丹新宿店本館1階プロモーションスペースにおいて、「センシュアルライフ〜わたしと向き合い、あなたとつながるフェムテック〜」と題したフェアが開催された。

 イベントのキュレーターを務めたのは、フランス・国立パリ13大学でフィトテラピー(植物療法)とセクソロジー(性科学)を学んだ、植物研究家の森田敦子氏。日本でいち早くデリケートゾーンケアを提唱、「パリでは一流百貨店の1階にセルフプレジャーアイテムが並び、マダムたちが堂々と購入している。女性が自分の性と向き合い、肯定的に受け止める流れを日本でも作りたい」と啓蒙活動を続けてきた。その思いに賛同したのが伊勢丹新宿店だ。デリケートゾーンを洗う・潤すケア製品、サニタリーグッズ、インナーケア、ランジェリー、光美容器、膣トレやバイブレーターまで、42ブランド155アイテムを揃えた最大級のフェムテックイベントとなった。

 製品の選定には、海外のフェムテックブランドの輸入代理などを行うアジュマ代表の北原みのり氏をはじめとする専門家も協力。自身の性と正面から向き合う重要性を伝えるため、日本産科婦人科学会専門医で東峯クリニック理事長の松峯寿美氏や、フランスの性医学の権威であるクロード・エスチュール氏から寄せられたメッセージも展示した。そこには、明るくポジティブに、でも正しく、知識と情報を身につけてほしいという森田氏の考えがある。

会場のキービジュアルは、現代アーティストのKAORUKO氏が担当。女性が美しい下着やコスメに彩られている作品が、フェムテック製品とともに展示された
会場のキービジュアルは、現代アーティストのKAORUKO氏が担当。女性が美しい下着やコスメに彩られている作品が、フェムテック製品とともに展示された
[画像のクリックで別ページへ]