目は表面の「角膜」から映像を取り入れ、入ってきた平行光線を「水晶体」で屈折してピントを調整し、「網膜」に焦点を合わせてその映像を認識する。近視は「眼球が前後方向に長くなり、目の中に入った光線のピントが合う位置が、網膜より前になっている状態」だ。

新型コロナウイルス感染症拡大で生活が変化し、子供の視力の低下(近視になる子供の増加)が指摘されている。文部科学省が2021年7月28日に公表した、2020年度の学校保健統計調査の結果によれば、裸眼視力が1.0未満の小中学生の割合は過去最悪を更新。その要因の1つとされるのが、テレビやスマートフォン、ゲームなどの視聴時間(スクリーンタイム)増加だ。

国立研究開発法人国立成育医療研究センターが小学生・中学生・高校生を対象に実施した2020年4~5月のアンケート調査(「子どもアンケート調査」)によれば、2020年1月時点と比べ、どの世代も8割程度スクリーンタイム(子供に関しては、勉強時間を除いたテレビやスマートフォン、ゲームなどを見ている時間)が増加。1日当たりのスクリーンタイムが4時間以上の子供の割合は、小学生約3割、中学生・高校生では5割を超えたという(保護者回答)。

オンライン授業の普及など、避けられないデジタル機器の使用もある中、視力低下を防ぐにはどのような生活を送ればいいのか。筑波大学の平岡孝浩准教授に話を聞いた。

平岡孝浩氏 筑波大学准教授
平岡孝浩氏 筑波大学准教授
ひらおか・たかひろ。筑波大学医学部専門学群卒業、茨城西南医療センター病院眼科科長、筑波大学大学院人間総合科学研究科講師を経て2020年より現職。茨城県眼科医会理事。日本コンタクトレンズ学会理事、日本近視学会理事、日本老視学会理事も兼務。眼腫瘍、眼窩疾患、網膜硝子体疾患、コンタクトレンズ、オルソケラトロジーを専門とする(写真提供:平岡 孝浩氏)
[画像のクリックで別ページへ]