2021年は3月19日だった、世界睡眠協会(World Sleep Society)が制定した「世界睡眠の日」。この日に合わせ、ヘルステックカンパニーのフィリップスが実施した睡眠に関する調査(全世界13カ国の成人1万3000人を対象)によれば、新型コロナウイルス感染症拡大により睡眠にネガティブな影響を受けた人の割合は、世界では回答者全体の37%、日本に絞ると48%だったという結果が出た(※1)。

睡眠不足や睡眠障害は心身に不調をきたすなど、ネガティブな影響があると様々な研究で示されている。逆に良質な睡眠が取れると、パフォーマンスが向上し、子どもなら体の成長や脳に良い影響を与えるという研究もある。

しかし子育て世代を見てみると、不眠の割合は高く、特に未就学児を育てる働く女性は、自身の睡眠が「全くとれていない」または「あまりとれていない」と感じている割合が高いという調査結果もあるほどだ(※2)。

親の睡眠不足は子どもの生活にも影響してくるだろう。また、「人生100年」において、幼少期から睡眠負債を抱えていたら、生活習慣病をはじめ、リスクが大きくなりそうだ。

乳幼児の睡眠問題についてのカウンセリング、育児支援者・医療従事者向け講座などを行い、夜泣き解決を通じて“自分軸の子育ての実現”をサポートする小児スリープコンサルタント、医師の森田麻里子氏に「親子の睡眠を改善する方法」について聞いた。

森田麻里子氏 医師、小児スリープコンサルタント
もりた・まりこ 1987年生まれ、東京都出身。2012年東京大学医学部医学科卒。亀田総合病院にて初期研修後、仙台厚生病院、南相馬市立総合病院にて麻酔科医として勤務。2017年の第1子出産をきっかけに、2018年より現活動を開始。2019年昭和大学病院附属東病院睡眠医療センター非常勤勤務。乳幼児の睡眠問題についてのカウンセリングや、育児支援者・医療従事者向け講座などを行う。著書に『医者が教える赤ちゃん快眠メソッド』『東大医学部卒ママ医師が伝える科学的に正しい子育て』『子育てで眠れないあなたに』がある(写真提供:森田麻里子氏)