歯ぎしりや食いしばりなどの行動の総称である「ブラキシズム」には、「睡眠時ブラキシズム」と「覚醒時ブラキシズム」がある。東京医科歯科大学病院歯科(歯系診療部門)の西山暁准教授によれば、特に覚醒時のブラキシズムが知覚過敏を引き起こしたり、歯周病を治りにくくしたり、あるいはかみ合わせや入れ歯の違和感に影響が出るという。

また子供はブラキシズムの保有頻度が多く、論文(※1)によると20代、30代前後では15%だが、それより低年齢だとさらに多くなるという。基本的には年齢が上がるにつれて少なくなっていくので過度の心配は不要ながら、「要因の 1つである睡眠時無呼吸症候群は、子供のほうが診断基準はシビアですので注意してみてください。またストレスに関しては、虐待や学校でのいじめなどが背景にある可能性もあります。さらに現在はデジタルデバイスなどのスクリーンを見る時間と睡眠時ブラキシズムの間に関連があるとの研究報告も最近出ていますので(※2)、総合的に見る必要があります」と注意を促す。

さらに西山氏は「覚醒時のブラキシズムは、顎関節症の要因になると考えています」という。実際、在宅ワークが増えたり、会話する機会が減ったりした人の中には、大きな口を開けてあくびをすると顎が痛い、あるいは口の開け閉めをするときに違和感があるなどの症状が現れたという人が増えているようだ。SNSを検索すると、「口を開けると顎が鳴る」「首や肩が痛い、顔全体が痛い」といった症状から「自分は顎関節症なのではないか」と懸念する書き込みも見かける。

では顎関節症とは何か。痛みはどのように生じるのか。受診の必要性を見分けるポイントは何か。あるいは他の病気につながることはあるのか。「前回」に引き続き西山准教授に話を聞いた。

西山 暁氏 東京医科歯科大学 歯科麻酔・口腔顔面痛制御学分野 准教授
西山 暁氏 東京医科歯科大学 歯科麻酔・口腔顔面痛制御学分野 准教授
にしやま・あきら 1969年生まれ。東京医科歯科大学卒業、同歯学研究科歯科補綴学博士課程終了。同大学歯学部附属病院顎関節治療部助教、大学院医歯学総合研究科歯科麻酔・口腔顔面痛制御学分野で講師を経て現職。また東京医科歯科大学病院 顎関節症外来の科長を務める。日本顎関節学会専門医および指導医(写真提供:東京医科歯科大学)
[画像のクリックで拡大表示]

顎関節症に関するネット上の情報は要注意

長時間のデスクワークの影響か、歯ぎしりや食いしばりなどブラキシズムを懸念し、インターネットで調べたところ、頭痛がしたり首が痛かったり肩が凝ったりといった症状がある人が、顎関節症を疑うようになっているケースが増えていると聞きます。

 一部のインターネットの情報では拡大解釈されているのではないかと思います。

 原則として顎関節症の症状が出る部位は、耳の前にあるアゴの関節(顎関節)と、アゴの筋肉(咀嚼筋)に出るもので、日本顎関節学会でも「顎関節や咀嚼筋の疼痛、顎関節雑音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする障害の包括的診断名である」と定義しています。分かりやすく言えば、(1)「アゴが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)」、(2)「口が開かない(開口障害)」、(3)「アゴを動かすと音がする(顎関節雑音)」の3つの症状(三大症状)のうち1つ以上があり、なおかつ他の病気ではない場合に診断されます。

 頭痛と感じるのは、咀嚼筋(咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋、舌骨上筋群)のうちの側頭筋に痛みが生じることがあるからと考えられます。名前からすると、アゴの関節だけに症状が出るイメージになるかもしれませんが、実際にはアゴの関節に加えて筋肉にも症状が出る病気です。

口が開けにくく頭痛がするという場合でも、その頭痛が顎関節症由来とは言えないということでしょうか。

 部位によります。

 頭痛は他の病気によらない「一次性頭痛」と、他の病気による「二次性頭痛」という2つに分けて考えられています。一次性頭痛に多い片頭痛は、こめかみから目にかけて、片側を中心に脈打つように起こる頭痛のことで、40%のケースで両側に出ます。また脳の検査をしても異常が見つからず、特に10~50歳の女性に多くみられる症状です。

 二次性頭痛の要因は様々です。例えば睡眠時無呼吸症候群があっても頭痛の症状は出ますが、より重大な病気が潜んでいることもあります。ですから顎関節症を疑って受診した際にも、頭痛が主訴の場合は、他の要因がないか調べてみる必要があります。他の要因が排除され、側頭筋に痛みがある場合に、顎関節症による頭痛である可能性が考えられます。

「アゴが痛む」「口が開かない」「アゴを動かすと音がする」という症状を感じた場合、受診の目安はありますか。

 三大症状のどれかが1つ以上あることが、受診の必要条件ですが、どれかがあったら必ず顎関節症と診断されるとは限りません。例えば開口時痛は、親知らず、つまり第三大臼歯に被さった歯肉が炎症を起こし、腫れることによっても生じます。似たような症状を生じる病気があるため、問診や診察により除外していった後に、顎関節症と診断していくことになります。

顎関節症になると、どういった点が問題になりますか。

 顎関節症になることで、命に関わる症状が出るようになったり、日常生活を全く送ることができなくなるような障害が出るようなことはありません。ですから顎関節症になっても、慌てないことが大事です。

 私が診察したケースでも「今すぐ何かしなければ大変なことになるのか」「かみ合わせを治さなければ大変なことになるのか」と心配する方がいましたが、そうした疾患ではありません。

 直接的な影響は、食事と会話に出るでしょう。歌手であれば口が開かないこと自体が支障をきたしますし、管楽器奏者であれば顎に負担がかかるため演奏できなくなることが考えられます。もちろん食事がしづらくなれば栄養が十分に摂れなくなります。

 また歯科治療が難しくなるということもあります。

20~30代がピークで女性はなりやすい

顎関節症になりやすい人はいるのでしょうか。

 年齢別の有病率を見ると、20代、30代にピークがあります。これは日本特有のものではなく、世界中で同等の統計が出ていますし、20~30年前から変わりません。一方、50代、60代では有病率は減少する傾向があります。年齢が上がるにつれて減っていくということは、つまり、自然に治る可能性がある疾患という意味でもあります。

 また、性別で言うと、どの年代でも女性は男性より2~3倍有病率が高くなります。要因は様々ですが、解剖学的な構造の強さや耐久力の差異が現われている可能性が指摘されています。また、痛みに関する閾値(いきち)が女性のほうが低いと言われていること、女性ホルモンも関係するのではないかと考えられています。

 顎関節症に限らず、痛みには、「侵害受容性の痛み(局所の炎症などの問題が関係している)、神経障害性の痛み(局所から中枢までの神経系の問題が関係している)、心理社会的要因による痛み(環境や性格などの問題が関係している)」があるとされています。なりやすい人がいるというよりは、感じ方によって受診の基準が異なることも、女性の有病率を高くしている可能性はあります。

適切な診察を受ければ心配し過ぎる必要はないが

子供が口を開けづらい場合には、顎関節症の可能性はあるのでしょうか。

 医療機関を受診する患者さんの中では、小学生までは少なく、10歳代後半から増加します。口を開けるときに音がする顎関節雑音の症状の場合、痛みが全くないケースも多く、治療せずに過ごしたらどうなるかを調査した研究(※3)も世界中で行われています。それらの結果から、口が開かなくなったり、痛みが出たりといったことがあったのは1割程度で、8割以上は変わらなかったということが分かっています。つまり、小学生のお子さんで口を開けるときに音が鳴るという場合、よく開いていて痛くなければ、積極的には治療せずに、経過観察することも多いというのが現在の主な方針です。

 また、なぜ音が鳴るのかを説明した上で、心配いらないですよと説明するのですが、ごくまれに、よく調べたら、顎関節症の雑音とは全然違う原因で音が出ていたということもあります。こうしたケースの中には、まれに関節に腫瘍があるケースがあるため、注意する必要はあります。ただ顎関節症そのものは、適切に診察を受ければ心配する病気ではありません。

口がよく開くかどうか、アゴの可動域はどの程度あればいいのでしょう。

 日本人の95パーセントは4センチ以上、45~55ミリが平均値です。人差し指から薬指までを並べて、口の中にスーッと入るかどうか、下アゴが左右に7~8ミリ程度動くかどうかが目安になると思います。音が鳴る場合でも、痛みがなくスムーズに動けばさほど心配いりません。

 口の開閉時に雑音があって、さらに痛みが伴ってきてしまったという場合、あるいは頑張らないと開けられない、痛くて開けられなくなったといった場合は、顎関節症の可能性が高いと思います。

生活習慣病と同様に原因は様々

顎関節症の要因は何でしょう。

 顎関節症はある特定の1つの原因により発症する疾患(単一因子疾患)ではなく、複数の要因(寄与因子)が集まって生じる疾患(多因子疾患)です。長く言われてきたかみ合わせも寄与因子の1つにはなりますが、それだけでは顎関節症にはならないというのが近年の見解です。単一因子疾患である歯周病なら細菌感染と分かっているので感染しない、あるいは細菌数を減らすなどの対策をすればかかりませんし、同じようにむし歯もミュータンス菌など病原菌になる細菌が抑えられれば、かかりません。

 一方、顎関節症は生活習慣病同様に多因子疾患とされ、人によって持つ寄与因子の数も種類も様々で、寄与因子の総量と個人の耐久力のアンバランスによって発症すると考えられます。

 例えば、食生活で言えば、いつも堅いものを好んだり、食事の時に右側だけでかむ癖があったり、かみ合わせが合っていなかったりといったことですね。また、仕事環境を含めて、姿勢の問題も寄与因子になり得ます。うつ伏せになりやすい環境、アゴに負荷をかけるような楽器演奏者、クラシック系の歌手といった、通常よりも顎を大きく開けなければいけないなど、職業も関係してきます。

 また、姿勢の問題や、痛みに対する感受性も関係するでしょう。そうした要因が数多く考えられる中で、筋肉や顎関節に直接力を加える行動が重要な寄与因子として捉えられることがあります。

 前の晩は何ともなかったのに朝起きたらなっていた、というケースであれば睡眠時ブラキシズムが寄与因子と言えますが、なかなか特定しにくいのです。

 スポーツをしているときにぶつけたことで、顎関節症になることはありますが、そうした場合、足の捻挫のような状態ですので長引く可能性は低く、1~2週間程度で治ります。あるいはうつ伏せで寝てしまい関節に負荷がかかり圧迫している状態が続いて、それがきっかけになることもあります。どちらの場合も、痛みがなくならない場合は、顎関節症に移行している可能性があります。また、覚醒時ブラキシズムがある場合、症状が長引いたり、悪化したりする可能性があるでしょう。

 例えば重い荷物を短時間持つよりも、軽い荷物を長時間持つほうが疲れるように、下アゴの骨はぶら下がっている器官なので、顎関節に圧力がかかりにくいという特徴があります。ですから短時間の重い荷物を持つ、つまり瞬間的に強い圧力をかけることよりも、覚醒時ブラキシズムのように、長時間負荷をかけるほうが、苦手です。

心理的あるいはストレスが原因となる場合も

診断が難しそうです。

 個々人でのバリエーションが多様ですので、患者さんとの対話(医療面接)の時間が多くなる外来だと思います。骨の変形があれば分かりやすいかもしれませんが、レントゲンを撮る場合、どちらかというと他の病気がないかをチェックしている方が多いくらいです。上の奥歯が痛いという主訴でも、実はそれがアゴの痛みだったということもあります。人によっては慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を、アゴの痛みと表現する人もいますから。

 顎関節や咀嚼筋の障害だけでは説明のつかない痛みもあり、心理的あるいは社会的なストレスが関係している場合もあるとは言えます。

では、冒頭でお伺いしたように、頭痛や首・肩の痛みが出たり、あるいは気分が憂うつになったりということはあまりないのでしょうか。

 そうですね。顎関節症に関連した頭痛の特徴は、アゴを動かしたり、食事をすると変化する(強くなるだけでなく、時には和らぐこともあります)ことです。また、首や肩の痛みについては、姿勢などの問題もありますので、必ずしも顎関節症が原因で生じているとは言えません。

 また、憂うつ感に関しては、痛みや口が開けられないなどの症状があり、その原因が分からなければ、誰でもある程度気分が落ち込みます。しかし、顎関節症がうつ病を引き起こすなどといったことはありません。ただし、もともとうつ傾向があったり不安感が強い場合は、痛みに関して敏感になりやすいので、症状を強く感じやすくなるといったことは考えられます。言うなれば、動き回っていてはしゃいでいた時に足の指をぶつけたときと、落ち込んでいた時にぶつけたときでは、受け取り方が違ってきますよね。

 いずれにしても疑いがあって、心配であれば一度診てもらいましょう。適切な診断を下してもらえば怖がる病気ではありません。

【今回のポイント】

顎関節症を見分けるポイント

  • 「アゴが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)」「口が開かない(開口障害)」「アゴを動かすと音がする(顎関節雑音)」の症状が短期間で悪化している場合は受診する。
  • 音が鳴っているだけでそれ以外の症状がなければ観察で問題ないことが多い。
  • 口を開ける痛みが1~2週間で減少していたら様子見でよいことが多い。
  • じっとしていて痛い場合は注意が必要。アゴを動かしても動かさなくても痛みが変わらない場合は別な病気を疑う。
  • 感覚の異常を伴うもの。痛みを感じる部位を触っても痛くない、赤くなり腫れている場合は神経疾患や炎症が絡んでいる可能性があるため、早めに受診したほうがいい。

[参考資料]

※1:Bulanda S, et al. Sleep Bruxism in Children: Etiology, Diagnosis, and Treatment—A Literature Review. 2 Int. J. Environ. Res. Public Health 2021:18;9544.

※2:Restrepo C, et al. Sleep bruxism in children: relationship with screen-time and sugar consumption. Sleep Medicine 2021

※3:(1)Randolph CS, et al. Conservative management of temporomandibular disorders: a posttreatment comparison between patients from a university clinic and from private practice. Am J Orthod Dentofacial Orthop 1990:98;77-82.

※3:(2)2. Magnusson T,et al. Treatment received, treatment demand, and treatment need for tem- poromandibular disorders in 35-year-old subjects. Cranio 2002;20:11–17.

※3:(3)De Leeuw R, et al. Temporomandibular joint osteoarthrosis: clinical and radiographic characteristics 30 years after nonsurgical treatment: a preliminary report. Cranio 1993:11;15-24.

(タイトル部のImage:WESTEND61/アフロ)