はつらつと元気に生きて社会や周囲の人々と関わり続けることが、認知症の発症予防や進行抑制につながるのはよく知られたところ。魅力あふれる活動で一人ひとりの生きがいづくりにも余念がないシルバー人材センターがあった。(庄子 育子=Beyond Health)

*以降の内容は、2021年1月27日に掲載した記事の再録です。肩書・社名、事実関係などは原則、掲載時のままとしています。

高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ながら、地域社会の活性化を目指すシルバー人材センター。全国の市区町村を単位に置かれており、都道府県知事の指定を受けた社団法人が運営している。高齢者の働き方があらゆる意味で課題になっている今、シルバー人材センターの存在が見直され始めている。年間6億円以上の売り上げを誇り、会員総出演のゾンビ映画まで制作した門真市シルバー人材センター(大阪府)を取材した。

門真市シルバー人材センターの会員さんが出演するゾンビ映画。撮影現場での一枚(提供:門真市シルバー人材センター)
門真市シルバー人材センターの会員さんが出演するゾンビ映画。撮影現場での一枚(提供:門真市シルバー人材センター)
[画像のクリックで別ページへ]

 60歳以上で働く意欲のある人であれば原則、誰もが会員になることができるシルバー人材センター。高齢者の仕事や生きがいを得るための有力な選択肢となってきたが、全国の会員数は2009年の約79万1000人をピークに下がり続けている。

 理由は母体市町村合併によるセンター数の減少と定年延長の動きだ。55歳定年が当たり前だった昭和の時代から、2000年には企業に対して65歳定年制が努力義務とされた。さらに2006年には65歳定年が義務となり、今年の4月からは70歳までの延長が努力義務となる。歳を重ねても会社員として働き続ける人が増え、相対的にシルバー人材センターの会員が減ることになった。

 「定年が早かった時代は、会員さんも多く、センターの平均年齢も低かった。今後は70歳定年が既定路線化されていくことになります。ただ、これは我々にとってマイナスの面だけではありません」

 そう語るのは大阪府門真市にある公益社団法人門真市シルバー人材センター、常務理事兼事務局長の和多幸司郎氏だ。同センターは年々会員を増やし続け、全国的にも注目されている。

 「門真市は人口が12万人と少ないのですが、60歳以上の人口に対する会員数の数である入会率は4%。これは全国5万人以上市(586センター中)の8位の数字です」(以下「」内は全て和多氏)