血液検査でアルツハイマー型認知症の兆候がわかる──。島津製作所からそんなニュースが飛び込んできたのは、今年6月。「世界初」の仕組みだという。米バイオジェンとエーザイが共同開発した、アルツハイマー型認知症の根本的な原因に直接作用する初の治療薬も6月上旬に米国で承認されたばかり。認知症の早期診断・治療に向けた技術革新が進む。(庄子 育子=Beyond Health)

*以降の内容は、2021年6月24日に掲載した記事の再録です。肩書・社名、事実関係などは原則、掲載時のままとしています。

 島津製作所は2021年6月22日、少量の血液からアミロイドβを計測する医療機器「血中アミロイドペプチド測定システム Amyloid MS CL」を発売した。アミロイドβは、アルツハイマー型認知症の原因とされるたんぱく質。認知症診断を支援する血液バイオマーカーとして、“血液1滴”という極めて簡便な手法で検査できるのが特徴だ。

島津製作所本社で記者会見を実施(写真:今 紀之、以下同)

 記者会見に登壇した、同社 田中耕一記念質量分析研究所 所長 エグゼクティブ・リサーチ フェローの田中耕一氏は、「血液1滴からアルツハイマー型認知症に関わる変化が分かるまで来た」と感慨深く語った。今回の医療機器の実現には、同氏が2002年にノーベル化学賞を受賞した「マトリックス支援レーザー脱離イオン化法」(MALDI)寄与している。

今回の機器の原理を説明する田中耕一氏