“うなぎの寝床”からロボットアームがキビキビと薬をピックアップ

 そのイイジマ薬局が2020年7月に導入したのが、日本BDが提供する薬局ロボット「BD Rowa Vmaxシステム」(以下、Vmax)だ。Vmaxでは処方薬、OTC医薬品双方を一元管理。薬局2階の小型倉庫に収められた薬剤箱を、ロボットアームが指示に従って自動で入庫・払い出しなどを行う仕組みである。

薬局ロボットのBD Rowa Vmax システム。イイジマ薬局では店舗の2階を改装して設置した
薬局ロボットのBD Rowa Vmax システム。イイジマ薬局では店舗の2階を改装して設置した
[画像のクリックで別ページへ]
システムの管理画面。こちらで入庫、払い出し、保管、在庫管理などを操作
システムの管理画面。こちらで入庫、払い出し、保管、在庫管理などを操作
[画像のクリックで別ページへ]

 1階から発注すればらせん状のシューターを通じて薬が薬剤師のもとに届く。OTC医薬品の場合、早ければ5~6秒ほどで払い出され、患者にとってもストレスがない。

薬はらせん状のシューターを通って自動で薬剤師のもとへ払い出される。こちらは処方薬のシューター
薬はらせん状のシューターを通って自動で薬剤師のもとへ払い出される。こちらは処方薬のシューター
[画像のクリックで別ページへ]

 取材時、Vmaxに保管されていた処方薬、OTC医薬品は3546種類、6848箱。高さ2.62m×幅1.63m×奥行き5.55mと“うなぎの寝床”のような空間の左右棚にびっしりと薬剤箱が置かれ、ロボットアームがキビキビとした動きでそれらを移動したり、取り出したりしていく。

発注に従ってロボットアームがテキパキと薬を払い出す
発注に従ってロボットアームがテキパキと薬を払い出す
[画像のクリックで別ページへ]

 取り出し口は処方薬が4口、OTC医薬品が1口の合計5口で、どの取り出し口に払い出すかも自動で制御してミスなく実行する。入庫時にはバーコードを読み込んで有効期限を管理しており、「2020年8月に期限を迎える薬が17箱ある」といった内容もシステム管理画面でひと目でわかる。