ワクチンと言えば、新型コロナウイルスやインフルエンザなど、感染症の予防を目的としたものが思い浮かぶ。ところが最近、臓器などにたまった老化細胞を除去するワクチンが、抗老化研究者や医療界で話題になっている。加齢や肥満などによって内臓脂肪に蓄積した老化細胞を取り除き、動脈硬化やアルツハイマー型認知症などの病気の改善、早老症の治療にも役立つ可能性があるという。どういうワクチンなのか。老化細胞除去ワクチンの開発に取り組み、昨年末、開発の成功が発表された順天堂大学大学院医学研究科循環器内科の南野徹教授に、その特徴と実用化までの道筋を聞いた。

順天堂大学大学院医学研究科循環器内科の南野徹教授(写真:川田 雅宏、以下同)
順天堂大学大学院医学研究科循環器内科の南野徹教授(写真:川田 雅宏、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

GPNMB陽性老化細胞を選択的に除去

 順天堂大学大学院医学研究科循環器内科の南野教授は、循環器内科医として第一線で心臓病の治療に邁進する傍ら、30年以上に渡り抗老化研究に取り組んできた。今回開発に成功した老化細胞除去ワクチンは、老化した血管の内皮細胞の表面にあるGPNMBという老化抗原(目印)を標的にしたワクチンだ(図1)。

 「老化抗原のGPNMBは、老化した血管の内皮細胞の表面に特異的に発現がみられる分子です。これを標的にしたワクチンを投与すると、血管や臓器にたまった老化細胞に対する抗体(抗原を体外に排除するためにつくられるタンパク質)ができ、白血球などの免疫細胞がそれを異物として認識し攻撃するようになって老化細胞が除去される仕組みです。通常は役に立たなくなった細胞は免疫の働きで消えて排除されます。しかし、老化細胞は、細胞分裂を停止した後、なぜか細胞死もせずに血管や臓器の中に蓄積して慢性炎症を引き起こし、糖尿病や動脈硬化、アルツハイマー型認知症などさまざまな加齢性疾患の原因となっています。私たちはこれまでの研究によって、GPNMBは動脈硬化疾患のある高齢者や高齢マウスの血管及び内臓脂肪に発現が増加していることを確認していました。このGPNMB陽性老化細胞を選択的に除去するワクチンを接種すれば、そういった加齢性疾患も改善するのではないかと考えたのです」と南野教授は説明する。

図1●老化細胞除去ワクチンの作用メカニズム
図1●老化細胞除去ワクチンの作用メカニズム
老化細胞除去ワクチンによって誘導される抗体による免疫反応により、老化細胞が選択的に除去(セノリシス)され、慢性炎症が改善する(出所:南野教授提供資料より)
[画像のクリックで別ページへ]