女性は87.74歳、男性は81.64歳──。厚生労働省が2021年7月に発表した簡易生命表によれば、2020年の日本人の平均寿命は過去最高を更新した。WHO(世界保健機関)の統計では、日本人女性の平均寿命は36年連続の世界1位、男性はスイスに次いで世界2位で、先進国の中でも最も早く超高齢社会に突入している。そんな中、注目を集めているのが抗老化研究の行方だ。「人生100年時代」と言われるが、そんな時代は本当に来るのだろうか? 今、老化制御サイエンスが注目されるのは、なぜなのか? 書籍『「100年ライフ」のサイエンス』の監修者で、大阪大学大学院医学系研究科内科学講座(老年・総合内科学)の樂木宏実教授にインタビューした。

大阪大学大学院医学系研究科内科学講座の樂木宏実教授(写真:大腰 和則)

四半世紀で高齢女性は20歳、男性は10歳若返っている

 「人生100年時代」は、ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授の著書『ライフ・シフト』(日本では2016年に刊行)が、世界的ベストセラーになったことをきっかけに、よく使われるようになった言葉だ。グラットン教授は、「いま先進国で生まれる子供たちの半数が、100歳以上を生きることになる」と説く。

 日本の100歳以上の高齢者は2020年9月1日時点で8万450人、初めて8万人を超えた。調査が始まった1963年には100歳以上の人は全国にたった163人だったというから、57年間で約500倍に増えたことになる。それでも、多くの人が、「人生100年時代といっても、本当にそんな時代は来るのだろうか」などと、考えているのではないだろうか。

 しかし、樂木教授は、「医学の進歩によって、80代でもがんや心臓病などの外科手術を受けられるようになり、90代でも大学病院の外来に来る人は少なくない。元気な高齢者が増えており、100歳を超えた人を身近に知っているようになる『人生100年時代』は、かなり近づいている」と話す。

 根拠の1つとして樂木教授が指摘するのが、「日本の高齢者は若返っている」という事実だ。例えば図1の「高齢者の歩行速度の推移」。これは国立長寿医療研究センターを中心に進められている「長寿コホート総合的研究」によるデータで、2017年の85歳以上の平均歩行速度は、男性は1992年の75~79歳レベル、女性は65~69歳レベルになっている。つまりこの25年間で、男性は約10歳、女性は約20歳、体力的に若返っていると見ることができる。

 日本老年学会・日本老年医学会は、樂木教授が同医学会理事長だった2017年に、現在65歳以上となっている「高齢者」の定義を変え、「75歳以上」に引き上げるように提言している。確かに、いまの65歳は、高齢者というのが憚れるほど若々しいと感じている人も多いのではないだろうか。

図1●高齢者の歩行速度の推移
2017年の85歳以上の歩行速度を25年前の1992年と比べると、男性で約10歳、女性で約20歳分速くなっている(厚生労働省「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議報告書」[2020年1月]を基に日経BP総研作成)