異彩を、放て。をミッションとする福祉実験ユニット・ヘラルボニーは、障害のあるアーティストの作品を世に送り出すなど、福祉を起点に新たな文化の醸成を目指す福祉実験ユニットだ。「普通」ではないことを「可能性」と捉え、福祉の「拡張」に取り組む同社の姿勢は、共感できる点が多い。(江田 憲治=Beyond Health)

*以降の内容は、2020年8月3日に掲載した記事の再録です。肩書・社名、事実関係などは原則、掲載時のままとしています。

鮮烈な色使いや筆使いの絵柄が配された、ネクタイやスカーフやバッグ。その絵柄が、福祉施設にいる知的障害のある人が描いたアート作品だと聞いたら、皆さんはどう感じるだろうか。岩手県花巻市と東京都に拠点を置くヘラルボニーは、こうしたアート作品をプロデュースしているスタートアップ企業だ。

 ヘラルボニーは2018年7月に創業し、約2年が経過した。2020年11月には盛岡市内に本社兼ギャラリーを開設、さらには地元の百貨店「パルクアベニュー・カワトク」内に直営ショップをオープンさせる予定だ。今後は事業を拡大するためのパートナー企業を増やし、投資も受け入れ、本格的に成長軌道に乗せる意向という。

ヘラルボニーが商品化したネクタイ。絵柄には知的障害のあるアーティストが描いたアート作品を使っている(出所:ヘラルボニー)
ヘラルボニーが商品化したネクタイ。絵柄には知的障害のあるアーティストが描いたアート作品を使っている(出所:ヘラルボニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 産業界でSDGs(持続的な開発目標)が盛んに取り上げられる中でも、ビジネスと福祉という相反しがちな領域を結びつけているヘラルボニーのアプローチは、極めてユニークだ。近年、注目を浴びる「ウェルビーイング」の概念にも通じるものがある。

 「知的障害への見方を、ビジネスを通じて変容させる」と語るヘラルボニーの代表取締役社長である松田崇弥氏に、創業に至った思いと、事業への展望を聞いた。

ヘラルボニー創業者CEOの松田崇弥氏。同氏が着用している「リバーシブルアートマスク」にはアーティスト・坂本大知氏の作品「ギザギザ」が配されている。本商品はクラウドファンディングサイト「READYFOR」で販売した。募集開始から日を待たずに第1目標金額である100万円を達成し、第2目標を300万円に設定して募集、締切日の7月26日に合計322万8600円を集めて終了した(写真:ULYSSES AOKI)
ヘラルボニー創業者CEOの松田崇弥氏。同氏が着用している「リバーシブルアートマスク」にはアーティスト・坂本大知氏の作品「ギザギザ」が配されている。本商品はクラウドファンディングサイト「READYFOR」で販売した。募集開始から日を待たずに第1目標金額である100万円を達成し、第2目標を300万円に設定して募集、締切日の7月26日に合計322万8600円を集めて終了した(写真:ULYSSES AOKI)
[画像のクリックで拡大表示]

そのマスクの絵柄、素敵ですね。

松田氏(以下、敬称略) 新型コロナウイルスの流行を踏まえて作った「アートマスク」です。マスクのラインナップは複数ありますが、こちらに配した元のアートは「ギザギザ」というものでして、知的障害があるアーティストの坂本大知さんの手による作品です。この7月に、大日本印刷労働組合などDNPグループ労連に加盟する労働組合様が2450枚をご購入しました。

 知的障害がある人のアート作品には、繰り返し削る、繰り返し同じ模様を描く、といった、繰り返しのパターンがよく見られます。この特徴は、アパレルプロダクトには特にマッチします。

ヘラルボニーが言語・福祉の専門家やクリエイティブディレクターらと共同で開発した「未来言語」というワークショップの様子。マスクやヘッドホンなどで見えない、聞こえない、話せないという状況下で、他者とコミュニケーションを取ってもらおうというもの。主に企業での研修を想定した内容で、障害者雇用促進法を踏まえた健常者と障害者の相互理解の促進、あるいは部署内のチームビルディングが狙える内容として開発した(出所:ヘラルボニー)
ヘラルボニーが言語・福祉の専門家やクリエイティブディレクターらと共同で開発した「未来言語」というワークショップの様子。マスクやヘッドホンなどで見えない、聞こえない、話せないという状況下で、他者とコミュニケーションを取ってもらおうというもの。主に企業での研修を想定した内容で、障害者雇用促進法を踏まえた健常者と障害者の相互理解の促進、あるいは部署内のチームビルディングが狙える内容として開発した(出所:ヘラルボニー)
[画像のクリックで拡大表示]
大日本印刷労働組合などDNPグループ労連に加盟する労働組合は2020年7月、ヘラルボニーのリバーシブルアートマスクを2450枚購入し、組合員に配布すると発表した。同組合とヘラルボニーの縁は、同組合が上記の「未来言語」を導入・実施したのがきっかけという。導入プロジェクトを企画した大日本印刷労働組合職場対策推進部長の長山泰祐氏(左)は「労働組合としても社会貢献活動は重要テーマの1つ。その有効な取り組みとしてアートマスクの導入を考えた」と話す。また同組合執行委員長の別府直之氏(右)は「組合員が新しい時代性への理解を深め、自らのアイデンティティを向上させるという側面で捉えた場合にも、知的障害がおありの方々が関わっているアートマスクの導入はインパクトがあると認識している」とその意義を語る(写真:ULYSSES AOKI)
大日本印刷労働組合などDNPグループ労連に加盟する労働組合は2020年7月、ヘラルボニーのリバーシブルアートマスクを2450枚購入し、組合員に配布すると発表した。同組合とヘラルボニーの縁は、同組合が上記の「未来言語」を導入・実施したのがきっかけという。導入プロジェクトを企画した大日本印刷労働組合職場対策推進部長の長山泰祐氏(左)は「労働組合としても社会貢献活動は重要テーマの1つ。その有効な取り組みとしてアートマスクの導入を考えた」と話す。また同組合執行委員長の別府直之氏(右)は「組合員が新しい時代性への理解を深め、自らのアイデンティティを向上させるという側面で捉えた場合にも、知的障害がおありの方々が関わっているアートマスクの導入はインパクトがあると認識している」とその意義を語る(写真:ULYSSES AOKI)
[画像のクリックで拡大表示]

 自閉症やダウン症の人々は、習慣化して物事を覚えるという特性があるそうなのです。実際、彼らはルーティンが生活の基盤として存在していて、靴を寸分たりともずらさないとか、この時間になったら必ずこれをする、といった強固なルールが存在するのですが、このルーティンの特性がアート作品にも現れていて、独特の表現です。これを見て、私は知的障害があるからこそ描ける世界があるのだと確信しました。

2000点のアートデータをビジネスに

ヘラルボニーは知的障害のある方によるアート作品をプロデュースする事業を展開しています。事業内容の概要を教えてください。

松田 事業の柱は大きく3つあります。アートの原画・複製画事業、ライセンス事業、プロダクト事業です。

 アートの原画・複製画事業はこれから本格展開するものでして、11月中旬に盛岡市の繁華街にギャラリーをオープンさせます。ここを通じて、アーティストによるアート作品の価値向上をはかっていきます。

 ライセンス事業は、私たちが保管しているアート作品のデータを使って、建設現場の仮囲いにアート作品をプリントしてギャラリーに見立てたり、駅舎をアートラッピング仕様にしたり、オフィスにアート作品をあしらった装飾を配したりと、個々のビジネス案件に適用する事業です。収益源としてはこれが主力です。これまで集めたアートのデジタルデータは約2000点ありまして、これをクライアント様のご要望や商品の特性に併せてチョイスしてご提案しています。

ヘラルボニーが展開しているライセンス事業の1つ、「全日本仮囲いアートミュージアム」から。建設現場の仮囲いに知的障害者の手によるアートのプリントを配し、“ソーシャルミュージアム”に見立てるというもの。写真はJR東日本スタートアップと組んで展開している「Wall Art Museum in Takanawa Gateway」で、この7月からJR山手線・高輪ゲートウェイ駅の建設現場に設置されている。アート作品の原画データをターポリンという素材に印刷して仮囲いに飾っており、仮囲いの撤去後はアップサイクルし、トートバッグに変える。特設サイトは<a href="http://jrestartup.co.jp/wall-art-tote-bag/" target="_blank">http://jrestartup.co.jp/wall-art-tote-bag/</a>(出所:ヘラルボニー、JR東日本スタートアップ)
ヘラルボニーが展開しているライセンス事業の1つ、「全日本仮囲いアートミュージアム」から。建設現場の仮囲いに知的障害者の手によるアートのプリントを配し、“ソーシャルミュージアム”に見立てるというもの。写真はJR東日本スタートアップと組んで展開している「Wall Art Museum in Takanawa Gateway」で、この7月からJR山手線・高輪ゲートウェイ駅の建設現場に設置されている。アート作品の原画データをターポリンという素材に印刷して仮囲いに飾っており、仮囲いの撤去後はアップサイクルし、トートバッグに変える。特設サイトはhttp://jrestartup.co.jp/wall-art-tote-bag/(出所:ヘラルボニー、JR東日本スタートアップ)
[画像のクリックで拡大表示]
トートバッグは仮囲いに飾るアート作品の種類に準じて、5種類用意した。写真は八重樫道代氏のアート作品「おりがみ」のトートバッグ(出所:ヘラルボニー、JR東日本スタートアップ)
トートバッグは仮囲いに飾るアート作品の種類に準じて、5種類用意した。写真は八重樫道代氏のアート作品「おりがみ」のトートバッグ(出所:ヘラルボニー、JR東日本スタートアップ)
[画像のクリックで拡大表示]

 最後のプロダクト事業は、アート作品をあしらったアパレル商品などのプロダクトを企画・開発・販売する事業です。ネクタイ、スカーフ、バッグなどを販売していまして、自社のECサイトのほか、8月からは盛岡市内の百貨店「パルクアベニュー・カワトク」に直営店を設けまして、ここでも販売していく予定です。

 各地でポップアップストアも展開していまして、夏から秋にかけては東京・有楽町の丸井、渋谷のスクランブルスクエア、梅田阪急などに出店しています。

周囲からは「かわいそう」、でも本人は楽しそう

起業の発端は、ご家族に知的障害のある方がいらっしゃったことだとお聞きしています。

松田 はい。4歳上の兄に知的障害があります。親戚や知人からは「大変だよね」とか「お兄さんの分もしっかり生きてね」などと同情されたりすることが多かったのですが、私から見ると、兄本人はいたって楽しく生きているように見えるんです。

 つまり、「かわいそう」といったような周囲の見方と、家族内での認識の間には、大きなギャップがある。幼少の頃から感じていたこの違和感が、事業活動のそもそもの起点にあります。

「松田三兄弟」の集合写真。中央が松田社長の4歳上の兄・翔太氏。左はヘラルボニーの文登副社長(出所:ヘラルボニー)
「松田三兄弟」の集合写真。中央が松田社長の4歳上の兄・翔太氏。左はヘラルボニーの文登副社長(出所:ヘラルボニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 実際の起業に至ったきっかけは、知的障害がある人によるアート作品に触れたことでした。私は大学を卒業後、広告企画会社で働いていました。岩手の実家に帰省した際に、親に「るんびにい美術館」(筆者注:社会福祉法人光林会が運営する施設。岩手県花巻市にある)のことを聞かされました。2階がアトリエ、1階が美術館という福祉施設でして、早速親と一緒に行ったんです。そこに展示されている作品を見て衝撃を受けまして、「このようなすごい世界があるのか」と思ったんです。

 そこで双子の兄(松田文登氏:ヘラルボニー副社長)や仲間とともに、副業でアパレルブランド「MUKU」を立ち上げ、知的障害がある人のアートを絵柄に使ったネクタイを作って販売し始めました。最初の2年間は副業で続けまして、2018年に会社として設立しました。

ヘラルボニーという社名は、知的障害のあるお兄様によるものだそうですね。

松田 4歳上の兄が自由帳に繰り返し書いていた「謎の言葉」を社名にしました。私が大学生の時にこれを見つけて、兄に「これどういう意味?」と聞いたのですが、「わからない」と答えました。けれども兄本人としては、語感か何かが面白いと感じたから繰り返し書いたのだと思います。

 兄たちの世界観の中には何かがある。私たちはそれをたまたま言語化できていないだけ。ならば、それを翻訳して伝えられる会社になりたい。そう思って、これを社名としました。

福祉に興味がない人々の認識を変える

ヘラルボニーはNPO法人や社会福祉法人ではなく、株式会社つまり利益を追求する営利企業として事業を展開しているのが特徴です。

松田 私たちは活動のベクトルを、福祉業界というよりは広く社会に向けています。もう少し言いますと、福祉に興味がない人々の認識を変えることを狙っています。

 知的障害があるからこそ描ける世界がある。そこで、ヘラルボニーは、あえて知的障害という言葉を前面に出しつつ、社会が持っている知的障害へのイメージをアートを通じて変容させていこうと考えているのです。

 アートは知的障害へのイメージを変えるのに非常に有効な手段で、私自身はすごく可能性があると思っています。「福祉」と「アート」という2つの言葉をかけ合わせて表に出している理由はそこにあります。

 ただ、逆説的な話になりますが、アートだけにこだわっているわけではありません。知的障害に対する社会のイメージを変えるというミッションを見据えると、アートが今一番有効な手段であると考え、そのためにアートをビジネスの主軸に据えたというニュアンスです。

あくまでも、アートは社会の変容を狙うためのツールの1つ、という位置づけなのですね。

松田 福祉に興味を持ってくださる方はわずかです。アートに興味を持ってくださる方もどちらかと言えばマイナーなグループです。けれども、服飾品やブランドに興味を持つ人はたくさんいらっしゃいます。そこで、私たちは知的障害がある人によるアート作品をアパレルやラッピングなど日常に馴染む様々な物事に落とし込んでいくという手段に着目し、それをビジネスとして展開することで、福祉のことを知ってもらい、社会に変容をもたらそうということをしています。

時代がマッチした

この2年で、ライセンス事業ではパナソニックやJRグループなどの大手企業をクライアントに迎えて事業を展開してきました。ヘラルボニーのこれまでの歩みを振り返って、どんな感触を持っていますか。

パナソニックが2018年12月にリニューアルオープンしたオフィス「Panasonic Laboratory Tokyo」には、一部の壁紙やクッションに、知的障害があるアーティストの作品のプリントを配した(出所:ヘラルボニー)
パナソニックが2018年12月にリニューアルオープンしたオフィス「Panasonic Laboratory Tokyo」には、一部の壁紙やクッションに、知的障害があるアーティストの作品のプリントを配した(出所:ヘラルボニー)
[画像のクリックで拡大表示]

松田 クライアント様やエンドユーザー様の反応を見ていますと、この事業の可能性は大きいと感じています。例えばこの7月からJR東日本スタートアップと組んで展開している「Wall Art Museum in Takanawa Gateway」の一環として販売開始した5種のトートバックは、予約受付から数日で完売しました。

 おそらく10年前なら、私たちの事業は理解されず成立しなかったと思います。近年のSDGsを重視する時代の流れとタイミング、人との出会いといった要素が大きかったのかもしれません。

 会社としては設立からまる2年が経過し、これから本格的に成長軌道にのせようと思っています。特に収益性が高いのはライセンス事業で、ここを中心に伸ばしていきます。

 具体的には、事業パートナーを開拓し、連携を深めていきます。仮囲いアートへの展開にしても、アパレルへの展開にしても、専門的に手掛けている事業者様のほうがノウハウをお持ちで、アートの価値を広げていくには有利だからです。一方でヘラルボニーは、事業のコアである社会福祉法人やアーティストとのリレーションシップの強化と、アートデータのマネジメントに注力していくつもりです。

クールに、ドライに作品を選定する

アート作品はどのように選定しているのですか。

松田 社会福祉法人でアトリエを持っている施設を訪問し、これはと思った作品があったら契約を交わし、高解像度データとして記録する作業を始めます。

 ヘラルボニーではアート作品を高解像度データとして保有しており、県ごと、そして作家ごとに整理しています。例えばライセンス事業ではクライアント企業からご相談を受け次第、その案件に合ったアート作品を選定し提案するという流れになります。

 社会福祉法人およびアーティストへのライセンス料はプロダクトの種類などによって変わりますが、一定のルールを設けています。例えば仮囲いアートの場合は販売価格の10%を社会福祉法人およびアーティストに支払っています。案件によって様々ですので一概には言えませんが、1つの案件で少なくとも1万円前後が支払われるという感覚です。

社会福祉作業所における就労賃金のことを考えると、単価としては結構な額ですよね。障害者総合支援法に基づく就労継続支援B型の月額平均工賃は、厚生労働省の2018年度調査で1万6118円でした。

松田 ライセンス事業では案件によっては一度に数万円が入ることになりますから、作業所で知的障害がある人が稼ぐ額と考えますと、高額であるといえます。

 しかし、誰よりも、アーティストの親御さんが喜んでくださいますね。しかもそれは金額の問題ではない。たまに親御さんからお手紙が送られてくるのですが、「子どもの作品が認められ、子どもがこの世に生きている証ができたと感じました」といった感動のお言葉を頂いたことがありました。おそらく親御さんにとっては、知的障害がある息子や娘のアートが使われた製品が百貨店などで売られるという光景は、かなりのインパクトなのだと思います。

 ただし、ヘラルボニーとしてはこれを社会福祉や支援活動とは位置づけていません。私たちはクールに、かつドライにアート作品として企業様に提案できるかどうかを総合的に判断させていただいています。プロダクトとしては普通に格好いいもの、商品価値があるものを出していきたいからです。あくまでもビジネスパートナーとして社会福祉法人およびアーティストと契約を結んでいます。実際、知的障害がある人の中でも絵が描ける人、描けない人はいますので。

知的障害という“才能”に依存している事業

 私たちヘラルボニーの事業の担い手は、アートの作り手である知的障害のあるアーティストたちです。この事業では知的障害のある人々に依存されているわけではありません。むしろ私たちが依存している、と言っても良いくらいです。

お話を聞いていますと、アートの作品としての価値を見るうえで、作り手に知的障害があるかないかというのは、最終的には関係ない、とも言えそうですね。

松田 はい。そのような理解が広がっていった先にあるのは、障害がある人たちは当たり前に、普通に、私たちの周囲にいる、このような共通認識が広がっている社会です。それが、私たちヘラルボニーがつくりたい、知的障害に対する見方が変容した社会です。

 だからこそ事業を成長させる必要があります。作品をきちんとマネジメントして、知的障害があるアーティストたちに適正料金でバックする、このビジネスモデルをより強固にしたいのです。パートナー企業を増やしていこうとしているのは、そこが大きいです。

健常者にものの見方や発想の転換を促す

近年、産業界では「ウェルビーイング」というキーワードを通じて人間の総合的な心身の健康、ひいては幸福を議論しようとする機運が高まっています。SDGsの広がりや障害者雇用促進法のことも踏まえると、知的障害者との関係性をどう構築していくのかというテーマは、産業界も真剣に取り組むべきと言えそうです。

松田 私は前職の広告分野の仕事で、クライアント企業において新技術の導入で職の様相が激変し、早期退職が増える、という姿を目の当たりにしました。それを見て、「マイナスをゼロにする」「できないことをできるようにする」という発想で人を育て、雇い、職場をつくっても結局、テクノロジーの発達によって淘汰されてしまうのだろうと思いました。

 しかし、アートは「この人にしか作れない」という分野です。先程申し上げましたように、知的障害がある人だからこそ作れる世界観のアートがある。これは健常者にとってとても考えさせられることです。知的障害をもつアーティストによるアート作品を見ていると、人のできないところをどうにかしてゼロに持っていこうとするアプローチよりも、その人が得意そうなことを探して伸ばしたほうが、望まれる社会が形成できるように思います。

数年前に、評論家のジェレミー・リフキン氏の著書である『限界費用ゼロ社会』が話題になりました。「テクノロジーや社会システムの進化によって、大きな追加コストを支払わなくても一定レベルの生活が維持できる社会が到来する」という趣旨の内容が書かれています。また併せて、人は働く意味や存在価値を自らに問わざるを得なくなるという課題も示唆されています。この課題は、知的障害がある人々のアート活動と呼応する要素があるようにも思います。

松田 ヘラルボニーは自社のミッションを「異彩を、放て。」というキャッチコピーとして表現しています。知的障害がある人の作品を世にプロデュースしていくことを通じて、その人にしかできないもの、普通ではない何かが価値になり、その価値によって社会に認知され必要とされる将来がくるであろう、というビジョンを示した言葉です。

 知的障害があるアーティストたちによる世界を見ていると、本当にすごいと思わせるものがあります。知的障害がある人の才能を見て、「逆に健常者よりすごいよな」という尊敬の気持ちを健常者が持つことが当たり前になる、そのような社会になればと思っています。その行き着いた先には、知的障害という概念さえもなくなるかもしれません。

社会の成熟化と高齢化が進む中、ビジネスパーソンには仕事の能力や財産といった「機能として人間」の価値以上に、より良く生きること、生きることの意味を自らに問い続ける姿勢がますます重要になると思います。そこから考えますと、ヘラルボニーがプロデュースする知的障害がある人々のアート作品の価値は、すべての健常者がそれぞれの個性と存在意義をあらためて問うためのメッセージとも解釈できそうです。ありがとうございました。

(タイトル部のImage:ヘラルボニーがJR東日本と組んで行った、花巻駅におけるアート作品によるラッピング。出所はヘラルボニー)