ラベンダー畑でわずか5分間過ごすだけで体調に変化が

 植物や緑が健康に良いというイメージは多くの人が持っていると思う。自然豊かな環境だと清々しい気持ちになったり、美しい庭園に佇むと穏やかな心持ちになったりする。しかし、それが単なる思い込みなのか、本当に植物による効果なのか、誰にでも効果があるのかなどと考えていくと、明確に答えられる人は多くないだろう。

千葉大学大学院園芸学研究科 准教授 一般社団法人日本ガーデンセラピー協会理事 岩崎寛氏
千葉大学大学院園芸学研究科 准教授 一般社団法人日本ガーデンセラピー協会理事 岩崎寛氏
[画像のクリックで別ページへ]

 それをサイエンスとして研究しているのが千葉大学准教授の岩崎氏だ。自然や植物などの緑を扱う分野と、看護や予防医学といった人の健康を扱う分野とを融合した「環境健康学」を専門とし、植物の療法的効果、医療福祉施設の緑化、緑地福祉(人と植物の関わり)などを研究する。

 「植物による生理・心理的効果を調べた研究がある。被験者はラベンダー畑あるいは芝生地で5分間座って休憩してから血圧を測定。安静時の数値をもとに高血圧・正常値・低血圧の3グループに分けて検証したところ、高血圧群は血圧が下がり、低血圧群は血圧が上がり、正常値は大きな変化がなかった。つまり、いずれのグループも血圧が正常な値に近づいたということ。ラベンダーと芝生との比較では、ラベンダーでより顕著だった」

 この研究結果をもって「植物は健康に良い」と言えるわけではない。植物の効果と一口で言っても、いかなる効果を期待するかで前提条件から変わってくる。ただ、人間が植物から何かしら影響を受けているのは間違いない。岩崎氏は人間の「恒常性(ホメオスタシス)」への影響を指摘する。

人間の恒常性(左図)は神経系・免疫系・内分泌系からなり、ストレスを受けると調和が乱れる(中央)。緑は神経系が受けるストレスを緩和し(右)恒常性の維持に貢献する(画像提供:岩崎寛氏)
人間の恒常性(左図)は神経系・免疫系・内分泌系からなり、ストレスを受けると調和が乱れる(中央)。緑は神経系が受けるストレスを緩和し(右)恒常性の維持に貢献する(画像提供:岩崎寛氏)
[画像のクリックで別ページへ]

 「ヒトの身体には神経系・免疫系・内分泌系があり、それらが調和していると体調が良い状態。しかし、ストレスを受けると交感神経・副交感神経のバランスが崩れ、血圧や脈拍が上がり、神経系に負荷がかかる。そうなると、免疫系や内分泌系にも影響して体調を崩す。植物や緑は神経系にかかるストレスを緩和することで恒常性の維持に貢献するのだと考えられる」