Beyond Healthが実施した円卓会議「健康で幸福な人生100年時代の実現へ『がんと行動変容』を考える」。「がんにならない」あるいは「がん罹患後に社会と共生する」ための行動変容をテーマに、一人ひとりの「個人」としての行動変容に閉じた話ではなく、企業や社会としての行動変容などを含む多様な視点からの議論を展開した(関連記事:「がんと行動変容」を語り合う、円卓会議を開催)。

フリーディスカッションでは、参加者それぞれの経験や知見を踏まえた活発な意見が交わされた。議論の中心になったのは大きく3点。(1)行動変容の前提となる情報やデータの共有について、(2)がんという病に向き合う個人の意識の変化を含めた行動変容について、(3)特に企業や社会に求められるがんへの「固定観念」の払拭という行動変容について、である。

円卓会議の様子(写真:川崎 樹音、剣持 悠大、以下同)
円卓会議の様子(写真:川崎 樹音、剣持 悠大、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

がんに対する正確な知識を共有、患者と医療従事者が支え合う

 行動変容の前段階として重要になるのは、情報やデータである。個人(患者)にとっては情報やデータが正しくタイムリーに入手できなければ、適切な行動変容につながらないからだ。

 目白大学 看護学部看護学科 教授の野澤桂子氏(前・国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援センター長)は、「今回の議論を通して、あらためて患者教育は重要だと感じた」と話す。情報が溢れる時代だけに、ともすれば自分に直結するアラートをキャッチアップできない場合もある。それだけに、がんに対する正確な知識を共有し、患者と医療従事者が相互に支え合うことが求められていると指摘する。

 「医療従事者は自分たちですべてを抱えがちだが、これからの時代は互いに独立し責任ある存在として尊重することが求められる。患者にメリット、デメリットを提示して、自分ごとだと判断してもらうことも重要だ。そのためにも、今回のような場を通じて広く発信していくことには非常に意味がある」(野澤氏)。

[画像のクリックで別ページへ]

 同じく、がん患者と医師の「情報共有」に課題があると語るのは、医療法人社団鉄祐会 理事長の武藤真祐氏だ。その解決策の一つとして同氏らが開発中の「乳がん患者サポートプログラム」は、ITツールを活用して「適切なタイミングで適切な分量のわかりやすい情報提供」を図るもの。これにより、患者と医師の溝を埋めることを目指している(関連記事:がん患者と医師の「情報共有」の溝、こう埋めていく)。

 あわせて武藤氏は、自ら在宅医療の現場で働く経験を踏まえ、情報共有や介入の“温度感”の重要性についても言及した。「行動変容を働きかけてくれる人たち(医師など)が、自分ごとと考えてくれるのか、もしくは一般的な方法で導いてくれるのかではまるで内容が異なる。私たちは、必ずその人の立場に立って一緒に物事を見ることを心掛けている。特に在宅医療では、こうした気持ちがないと人であれITであれ受け入れられない」(同氏)。