1974年に日本初の「がん保険」の販売を開始したアフラック生命保険。今回の円卓会議の参加者の一人である同社 取締役上席常務執行役員の宇都出公也氏は、「がん」とは単なる「病気」ではなく、当事者(がん患者およびその家族)を取り巻く「状況の問題」として捉えることが必要だと説く。同社が現在、構築を進めている「キャンサーエコシステム(Cancer Ecosystem)」はまさに、当事者を取り巻く多様な課題に対し、社会全体での解決を目指すものだと位置付ける。(小谷 卓也=Beyond Health)


 2021年1月に、「『がん患者本位のエンゲージメント』を目指して~がん患者が社会で自分らしく生きるための3つのビジョン~」(日経BP)という書籍が出版されました。これは、がん研究会有明病院の名誉院長である武藤徹一郎先生が座長を務め、当社が事務局を務めた「『がん患者本位のエンゲージメント』を考える会」(以下、研究会)の内容をまとめた報告書です。

アフラック生命保険の宇都出氏(写真:川崎 樹音、剣持 悠大、以下同)
アフラック生命保険の宇都出氏(写真:川崎 樹音、剣持 悠大、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 この研究会では、がん患者およびその家族(以下、当事者)が抱える課題や生き方などについて、約2年にわたって議論が重ねられてきました。そこで洗い出された課題に対する解決の方向性として提示されたのが、「社会全体でがん患者を生涯にわたって支える」「一人ひとりが安心して納得できる医療/ケアを受けられる」「がん患者が主役となって自分らしく生きるための素養とスキルを身に付ける」という3つのビジョンと、それを実現するための10のアクションです。

 本書の冒頭で、がん研究会有明病院 副院長の大野真司先生が、「告知をする医師自らが、患者の頭を真っ白にさせていたと教えられた」エピソードを紹介されています。「私たち医師は病気や治療のことをひたすらに説明します」が、「がんの説明をしている時に、患者さんは子どもの卒業式や入学式のことをずっと考えていたのがわかった」と。

 アフラックも、「がん」に関連する保険のご請求を年間約60万件近く頂戴します。その中には、保険とは直接関係のない、さまざまなお話しをされることも少なくありません。お客様は、患者さんである前に一人の人間であり、ご家族があり、お仕事があり、それぞれの社会生活があります。

 私たちも、いったん、お客様に対する保険会社という立場を離れ、当事者の立場になって考える、そして、当事者にとっての本当の課題は何かを探っていきたいと考えてきました。徹底した当事者目線でサバイバージャーニー(がん患者がたどる人生の道のり)をたどるとき、その直面する悩みや問題(ペインポイント)は実に多様です。医療的な問題はもとより、実存的・精神的な問題から経済面を含めた社会的な課題まで、「がん」とは単なる「病気」ではなく、当事者を取り巻く「状況の問題」として捉えることが必要であり、その解決には社会全体で対応する必要があります。

 これが、アフラックが目指している「キャンサーエコシステム(Cancer Ecosystem)」の根底にある考え方です(図)。当事者にとっては、保険会社であれ、行政であれ、医療機関であれ、ケアやサービスの提供者が誰であるかは関係ありません。多様な課題に対して、多様なプレーヤーが連携・協働して解決にあたる、これはBeyond Healthが提唱する「空間×ヘルスケア 2030」と同じものだと捉えています。知見を結集して、包括的に課題を解決するアプローチです。「がん」に関わる社会的課題を解決すること、これを目的としてキャンサーエコシステムを構築し、さまざまなステークホルダーと連携・協働しながら推進していきたいと思います。

図●「キャンサーエコシステム」の概念図(図:アフラック生命保険の資料を基にBeyond Healthが作成)
図●「キャンサーエコシステム」の概念図(図:アフラック生命保険の資料を基にBeyond Healthが作成)
[画像のクリックで別ページへ]

 同時に、「キャンサーエコシステム」は、当事者だけではなく社会全体の便益と費用に配慮しなければなりません。これは、社会的な広がりをもつ「エコシステム」の責務だと考えています。