ヘルスケアにおける食の活躍の領域が拡大している。その代表と言えるのがフードテックだ。2025年には世界で700兆円と予測される成長市場で、とりわけ注目されるのがオーバーカロリーの解消。植物由来の食品開発やAI(人工知能)を活用した食の管理など、革新的な商品やサービスが生まれている。

食と健康に関する研究の進歩や社会の要請から生まれているサービスの多様化も、見逃せない動きの1つだ。「食の健康志向の支援・提案」から「料理を行うこと自体の健康活用」まで、新しいメニューも登場している。

活躍の場が広がる食のプレーヤーは多彩だ。伝統的な食関連企業はもちろん、スタートアップや異業種連携まで、Beyond Healthが伝えてきた要注目の取り組みやヒントを紹介しよう。