超高齢化や医療技術の進歩などを背景に、老化や疾患などで低下した体の機能を回復させるリハビリの重要性が増している。一方、リハビリの手法は多様化が進み、在宅でサービスを受ける「オンラインリハビリ」、ロボットを活用した「ロボットリハビリテーション」など、新たな動きが進行中だ。健康寿命の延伸や患者のQOLの向上と密接な関係があり、今後の市場拡大が予想されるリハビリ。「リハビリ新時代」に向けた先進事例や取り組みをピックアップした。