ヘルスケアイノベーションに向けて不可欠なベンチャー/スタートアップの活躍。米国では2018年、ヘルスケアベンチャーへの投資額は過去最高を更新した。同様の流れは日本にも訪れてきている。

こうした環境下で、どんなベンチャー/スタートアップに資金が集まり、どんな企業が成功に近付くのか。「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト」(2019年1月開催、主催は経済産業省)でグランプリを獲得したカケハシは、何が優れていたのか――。

それらを探るべく、Beyond Healthはベンチャーキャピタルやベンチャー支援企業の立場でヘルスケア分野に深くかかわり、またジャパン・ヘルスケアビジネスコンテストの審査員も務めた3人による鼎談を企画した。

登場してもらったのは、次の3人(五十音順)である。
・ライフタイムベンチャーズ 代表パートナー 木村亮介氏
・グロービス·キャピタル·パートナーズ プリンシパル 福島智史氏
・EY新日本有限責任監査法人 企業成長サポートセンター シニアパートナー 公認会計士 藤原選氏

(進行は小谷 卓也=Beyond Health)

今回の鼎談に登場してもらった3人。左からグロービス·キャピタル·パートナーズの福島氏、EY新日本有限責任監査法人の藤原氏、ライフタイムベンチャーズの木村氏(写真:川島 彩水、以下同)

公開価格ベース1000億円に届くようなIPOを実現するベンチャーの登場も

現在のヘルスケア業界やベンチャー/スタートアップの動向をどう見ていますか。

木村 私が独自に集計したデータですが、国内におけるヘルスケアベンチャーの資金調達額を見てみると、2017年は約90億円だったのに対して、2018年は10月末までで約280億円に達しました。資金調達額という一つの側面ではありますが、こうした資金が日本のヘルスケア市場にも流れ始めてきたことは、とても喜ばしいことだと思います。

ライフタイムベンチャーズの木村氏

 1件当たりの調達額も、あるいは調達件数も共に増えてきています。「ますます盛り上がっている」というのが実感です。これはひとえに、これまでヘルスケア業界で実際に事業化を進めてきた人たちの絶え間ない努力の賜物でしょう。

 一方で、ベンチャーキャピタルの視点からは、まだまだ「成功事例が足りない」というのも正直な感想です。2019年3月には、ヘルスケアベンチャーのWelby(ウェルビー)が東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。こうした事例も出始めてはいますが、市場が盛り上がっている今だからこそ、一つひとつ結果を出していくことが求められるでしょう。

 巨額な資金が集まり始めたということは、それに見合う大きなビジネスを描いていくことも必要です。この領域で長年チャレンジしてきた企業はもちろん、設立5~10年未満の企業にも、ますます発展してほしいと願っています。

藤原 私の肌感覚としては、IPO(新規株式公開)を目指すヘルスケアベンチャーがかなり増えてきている印象があります。資金調達額についても、直近で約30億円を集めたエルピクセルをはじめ、2018年は調達額が10億円を超えるベンチャーが出てきたことが象徴的でした。

EY新日本有限責任監査法人の藤原氏

 そしてもう1つ、経済産業省が2016年から毎年開催している「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト」では、そこに登場するベンチャーを応援しようとする大企業のサポーターが徐々に増えてきています。この動きは見逃せません。2018年度の資金調達における資金源を見てみると、その出し手の5割以上を事業会社が担っていますから。

 こうした傾向が今後も続けば、近い将来に公開価格ベースで200億円や300億円、あるいは1000億円に届くようなIPOを実現するベンチャーが出てくるかもしれません。そうなれば、本当の成功事例として今まで以上に注目されることになるでしょう。その実現に大きな期待を寄せるとともに、我々としてもしっかり支援していく考えです。